西暦1900年代の偉人

【ジョセフ マーフィー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:てんしょう(tensho)の癒やしと教え体験記 ~健康と安らぎを求めて~

今回は有名な「ジョセフ マーフィー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジョセフ マーフィー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジョセフ マーフィーとは

ジョセフ・マーフィー(Joseph Murphy, 1898年5月20日 - 1981年12月15日)は、米国で活動したアイルランド出身の宗教家、著述家。ニューソートのディヴァイン・サイエンス教会(英語版)に属し、主に牧師として活動した。

潜在意識を利用・操作することで自らや周りの人さえも成功、幸福へと導く積極思考(ポジティブシンキング)「潜在意識の法則」を提唱した。関連著作は自己啓発書として広く流通している。ニューソート関係の思想家では最も愛好された人物のひとりで、積極思考がポピュラーカルチャーに広まるうえで重要な役目を果たした。

日本には渡部昇一(大島淳一)や島津幸一によって、産業能率大学出版部や三笠書房の出版を通して紹介された。なお、いわゆる「マーフィーの法則」は、ジョセフ・マーフィーの著作のパロディである。

参考:Wikipedia

ジョセフ マーフィーの名言集

自分の妻や夫を自分の思うように変えようなどと思ってはいけません。その試みは愚かです。そんなことができると思ってはなりません。人は自分で変わろうと思わないかぎり、変わることなどできはしないのです

種をまかなければ芽は出ません。同様に問題がいかに難しそうであっても、答えを求めなければ回答は得られません。

過去のことでクヨクヨしてはいけません。過去はすでに死物です。大切なのは現在であり、その積み重ねの未来です。悩みの大半は過去に由来します。過去を捨て、現在と未来を見つめなさい。そうすれば、明るい展望が開けてきます

人はみなそれぞれ違った魅力と才能を持っています。一人として同じではありません。だから特定の人を他人と比較してはなりません。

もし仕事で失敗するだろうという確信を持っていたら、客観的にどんなにがんばって仕事しても、潜在意識は失敗を強いる以外になすすべを知りません。

他人をあざむき、他人から奪い、他人をだますことは、欠乏、損失、不自由となってあなたにはね返ってきます

いかなることにおいても、他人や境遇、環境のせいにすることはやめなさい。

「どうしてよいかわからなくなった」などと決していってはなりません。潜在意識はこういう言葉を額面通りに受けとってあなたをますます混乱させるからです

暗示を軽く見てはいけません。私たちの心は暗示を大変受けやすいものなのです。ですから、よい暗示をつねに与えるようにしなければなりません。

人生は自分の思い通りになんかならないと思っている人は、自らが思い通りにならないことを望んでいる人です。

現実の自分よりも理想の自分を愛しなさい。そして理想の自分で他人と接するべきです。これが他人から評価される秘訣です。

他人の意見を聞くとき、建設的な意見にだけ耳を傾けなさい。そうでない意見は聞き流してしまいなさい

あなたの人生で遭遇する一切の事柄は、それがよいことであろうが悪いことであろうが、すべてあなたの思考の結果であるということを肝に銘じなさい

どのような窮地にも必ず解決法があります。困ったり、障害にぶつかった時には自分には解決する能力があるのだということを思い出しなさい

心配しているとき、あなたは何をしていると思いますか?そうなっては困ることに一生懸命になっているのです

自分を愛せない人を他人は決して愛しません。人から愛されたいと思うなら、まず自分自身を愛することから始めなさい。

たいへん恐ろしい法則があります。それはいつも悪いことがおこるのではないかとクヨクヨ心配していると、本当に心配していた通りのことがおきるということです

人生最高の幸福は富でも名誉でもありません。自分のしたいことを見つけ、取り組むことです。人はそれを「生きがい」と呼んでいます。

幸福な人生を歩んでいる人は、言葉の使い方を知っています。言葉は選んで使いなさい。言葉の選択一つで、人生は明るくも暗くもなるのです。

自分のしている仕事がすばらしいものだと何度もくり返し唱えているうちに、本当にすばらしいものになってきます。絶対にいけないのは、自己を卑下することです。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム