西暦1900年代の偉人

【ココ・シャネル】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:fashionpress

今回は有名な「ココ・シャネル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ココ・シャネル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ココ・シャネルとは

ココ・シャネル(Coco Chanel、出生名:ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chasnel)またはガブリエル・ボヌール・シャネル(Gabrielle Bonheur Chanel)、1883年8月19日 - 1971年1月10日)はフランスのファッションデザイナー、企業家。彼女が創設したシャネルブランドは世界有数のファッションブランドとして現在も営業している。

戦時中のシャネルはファッションの第一線から身を引いていたが、戦後数年間をスイスで過ごした後、パリに戻り業務を再開した。戦後もファッションデザイナーとして成功し、その商品は世界的に普及した。1971年1月、パリのホテル・リッツで死去した。

参考:Wikipedia

ココ・シャネルの名言集

彼の死はわたしにとって恐るべき打撃だった。わたしはカペルを失うことですべてを失った。

私がどんなふうに感じているか、わざわざ説明しなくても結構よ。こんな思いは、とても小さなころから知ってたわ。私はすべてをはぎとられて死んだのよ……。こんなことは十二のときに経験ずみ。人間はね、一生のうちで何度でも死ぬものなのよ……

醜さは許せるけど、だらしなさは絶対に許せない

男はみんな子どもだって解ってるなら、あなたはあらゆることに精通しているわ

天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ。

流行とは時代遅れになるものよ。

おしりとおっぱいの殿堂ってとこね。

ココを見たのは誰?(Qui qu'a vu Coco ?)

失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。

香水は女性にとってとびきり大切なものです。私たちはその香りとともに長い時間を過ごします。私は香水は、贅沢だと思います。ほんの少し、つけているかつけていないかわからないくらい、でもきちんと選ばれたものである、ということが大切なのです。

女性は上品で素晴らしくあるべき

私をハメた盗賊だ

キャバレーの<フォリー=ベルジェール>の夜会みたいなものよ。女の子はみんな綺麗で、羽根飾りをつけてた。それだけ

彼こそ私が愛したただ一人の男

私は流行を作ってるんじゃないの。私が流行なの

決して変えられないものがある。私は一流をつくりたいの

公爵夫人はほかにもいたけれど、ココ・シャネルはただひとり。

二人の紳士が私の熱く小さな体を巡って競り合っていた

戦争のせいで仕事をやめた

あえて一人でいることを大切にする時もあっていい。自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌だし、ましてや整理整頓することなどやめてほしい。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム