西暦1900年代の偉人

【ジョージ・バーナード・ショー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:名言格言.NET

今回は有名な「ジョージ・バーナード・ショー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジョージ・バーナード・ショー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジョージ・バーナード・ショーとは

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw, 1856年7月26日 - 1950年11月2日)は、アイルランドの文学者、脚本家、劇作家、評論家、政治家、教育家、ジャーナリスト。

ヴィクトリア朝時代から近代にかけて、イギリスやアメリカ合衆国など英語圏の国々で多様な功績を残した才人として知られる。特に文学者と教育家としての活躍が有名である。イギリス近代演劇の確立者として精力的に作品を書き続け、94歳で没するまでに53本もの戯曲を残し、「他に類を見ない風刺に満ち、理想性と人間性を描いた作品を送り出した」として1925年にノーベル文学賞を受賞した。映画文化の発展にも貢献し、『ピグマリオン』はアメリカのハリウッドで映画化されて第11回アカデミー賞の脚色賞を授与された。教育家としては自身は大学などの高等教育を受けなかったが、社会科学の発展を目指してロンドン大学内の教育機関ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の創設に尽力し、経済学の発展に重要な足跡を残した。

参考:Wikipedia

ジョージ・バーナード・ショーの名言集

間違った知識には注意せよ。それは無知よりも危険である。

私が一つの欲望を持つかぎり、私は一つの生きる理由を持つ。満足は死である。

何かがおかしい時は、真実が隠れてないか気をつけろ。

年をとったから遊ばなくなるのではない。遊ばなくなるから年をとるのだ。

人は習慣を好む、なぜなら、それを作ったのは自分だから。

沈黙は軽蔑の最も優れた表現である。

間違いを犯してばかりの人生は、何もしなかった人生よりも、あっぱれであるだけでなく、役に立つ。

嘘つきに与えられる罰は、少なくとも彼が人から信じられなくなるということではない。むしろ、彼が誰をも信じられなくなるということである。

私のやり方は、言うべき正しいことを最大限の骨を折って探し出し、その後、最大限の軽率さで言ってのけることである。

私は若かりしころ、10のことを試しても9つがうまくいかないことがわかった。そこで10倍努力した。

為すべきことは熱を与えることではなく、光を与えることなのだ。

自分で読まないような書物を子供に与えないこと、それをルールとせよ。

自由とは責任を意味する。だから、たいていの人間は自由を恐れる。

みじめな気持ちになる秘訣は、自分が幸福であるか否かについて考えるひまを持つことだ。

酒は人生という手術を耐えさせてくれる麻酔薬だ。

愛国心とは、自分が生まれたという理由で、その国が他よりも優れているという思い込みのことである。

人間ってものは自分が無鉄砲で悪い者であると思いたがる。だが、実はそのどっちでもない。ただ臆病だというだけさ。

人が虎を殺そうとする場合はスポーツと呼ばれ、虎が人を殺そうとする場合は狂暴と呼ばれる。

より多くのことを恥じているほど、より敬意に値する。

話す言葉によって、その人の価値は決まる。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム