西暦1900年代の偉人

【マハトマ・ガンディー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:「アジアの放浪者の方」のブログ

今回は有名な「マハトマ・ガンディー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「マハトマ・ガンディー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

マハトマ・ガンディーとは

モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(グジャラーティー文字表記:મોહનદાસ કરમચંદ ગાંધી、デーヴァナーガリー文字表記: मोहनदास करमचन्द गांधी、ラテン文字表記:Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日 - 1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者である。

1937年から1948年にかけて、計5回ノーベル平和賞の候補になったが、受賞には至っていない。ガンディーの誕生日にちなみ、インドで毎年10月2日は「ガンディー記念日」という国民の休日となっており、2007年6月の国連総会では、この日を国際非暴力デーという国際デーとすることが決議された。

参考:Wikipedia

マハトマ・ガンディーの名言集

落ち込んだ時に見る名言14選

たとえあなたが少数派であろうとも、真実は真実なのです。

すべてを運命のせいだと諦めてはいけない。これまでの努力を無駄にしないためにも

臆病者は決して道徳的にはなれない。

私の生き様が、私のメッセージである

幸せだけを追い求める心が悲劇を招き寄せる。幸せは悲しみと苦しみを克服した心が生み出すものです

善きことはカタツムリの速度で動く。

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、高く舞い上がれるのだ。

逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前へ進めるのだ。

努力することは人間の務めである。

最善を尽くしてもがいているときに、たとえ災いに押し流されそうになっても、決してくじけてはいけない

人は何度でも立ち上がる。立ち上がっては倒れ、立ち上がっては倒れ、その足元はおぼつかないかもしれない。

けれども、立ち上がったことは、一生忘れることのない、かけがえのない記憶となる。

怠けていることは喜びかもしれないが重苦しい状態である。幸せになるためには何かをしていなくてはならない。

この世にあるものはすべて、生成と消滅を繰り返すものと考えれば、人は物欲の執着から逃れることができる

世界中のあらゆる人々と同じくらい、あなたには、あなた自身の愛情を受ける価値がある。

世界の不幸や誤解の四分の三は、敵の懐に入り、彼らの立場を理解したら消え去るであろう。

私たちにはもともと困難を乗り越える力が授けられている。心の中からこの恐れを追い出せば、その力が蘇る。恐れるな、道は開ける。

成長したい時に見る名言15選

たくさんの仕事を持っていようとも、人間に食事の時間があるのと同様に、身体訓練の時間をつねにつくっておかなくてはならない。

「正義」は実現する。私たちの存在と心が、十分に強くなったときに。

充足感は、努力の中にある。結果にあるのではない。努力することが成功することになるのだ。

目的を見つけよ。手段は後からついてくる

人は自らの手足を使って働き、日々の糧であるパンを得るべし。額に汗して働かない人に、どうして食べる権利があるだろう?

あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。

強さとは身体能力ではなく、不屈の精神から生まれるものだ

重要なのは行為そのものであって結果ではない。

行為が実を結ぶかどうかは、自分でどうにかできるものではなく生きているうちにわかるとも限らない。

だが、正しいと信じることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。

見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい。

物事は初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである。

本当の富とは、健康のことであり、金や銀のことではない。

地位が高ければ高いほど、その責任が重い。

自分の知恵を確信しすぎるのは賢明ではない。一番強い者も弱り、一番賢い者も誤るということを、覚えておく事が健全である。

明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい。

土地や財産を持つのは重荷である。この思いは私の中にずっとあり、ますます膨らんでいる。それはつまり旅に出る前の心得と同じだ。

旅人は自分の荷物をできるだけ少なくして、身軽に旅をしようとする。それと同じで、私も余分な荷物など持ちたくはない。

人生に迷った時に見る名言15選

過去は私たちのものだが、私たちは過去のものではない。

私たちは現在を生き、未来をつくる。たとえその未来に私たちがいなくても、そこには子供たちがいるから。

女性の直観はしばしば男性の高慢な知識の自負を凌ぐ

より多くの富ではなく、より端的な喜びを求めよ。より強力な幸運ではなく、より深い至福を求めよ。

前進するなら、歴史を繰り返すのではなく新しい歴史をつくろう。私たちの祖先が残した遺産に、新たな良きものを加えよう

人生は速度を上げるだけが能ではない。

運命は私たちがつくるものだ。いまからでも遅くない。いまをどう生きるかで、未来が決まる。

死ぬならば散るように、生きるならば枯れることなく

いま以上の何か、ここではないどこかにある幸せ、それを追い求めても、それは蜃気楼です。

近づけば近づくほど、遠のいていきます。いまここにあるもの、それに満足することが幸せなのです。

自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。しかし、行動したというそのことが重要なのである。

最高の道徳とは他人への奉仕、人類への愛のために働くことである。

不幸は私たちに与えられた試練である。この試練を乗り越えたとき、すべてはきっと好転する。

そう信じて、辛抱強く耐え抜こう。耐え抜いたとき、あなたはとてつもない力を手にしていることだろう。

幸せとは、あなたが考えることと、あなたが言うことと、あなたがすることの、調和が取れている状態である。

幸せとは、誰かの為に生き、その人の幸せな姿をこの目で見ることです

最高の道徳とは、常日頃他人のために奉仕し、人類の愛のために働くことである。

幸せとは、自分が考えていること、言っていること、そしてやっていることが調和しているときのことを言います。

人生に不安のある時に見る名言17選

死は積み重ねてきた努力の終わりを意味するのではない。精一杯生きた人生は、その次のより良き人生を導く

良心の問題に関しては、多数決の法則は適用されない。

決して焦って約束をしてはならない。

目標はつねに、われわれから後ずさりする。

われわれは数量的な力に頼らない。われわれは人格の力に頼るのである

死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる。

愛はこの世でもっとも効果的な力だ。にもかかわらずもっとも謙虚である。

地球は、すべての人の必要を充足せしめても、彼らの欲を満たしきることはできない。

平和への道はない。平和こそが道なのだ

行動の最中には静寂を、そして休息においては活気を学ばなくてはならない。

善に協力するのは義務である。と同時に、悪への協力を拒否するのも義務なのである。

博愛を実践するには、最大の勇気が必要である

あることを信じているのにそれを実行しないなら、それは不正である。

私には人に命を捧げる覚悟がある。しかし、人の命を奪う覚悟をさせる大義はどこにもない

我々の信念は、常に燃え続ける灯火でなければならない。それは我らに光明を与えるだけでなく、周囲をも照らしてくれる。

人はそれぞれにとって平和を自らの内面から見出さなくてはならない。

そして真の平和というものは、周囲の状況によって左右されるものであってはならない。

真実は神であり、神は真実だ。

イライラした時に見る名言9選

子供は真実を映し出す鏡である。彼らには驕りも、敵意も、偽善もない。

もし思いやりに欠け、嘘つきで乱暴な子供がいたなら、罪はその子にあるのではなく、両親や教師や社会にあるのだ。

怒りは非暴力の敵であり、プライドはそれを飲み込んでしまう怪物だ。

愛あるところに生があり、憎しみは破壊に通じる。

心をこめないで言葉をさがすより、言葉をさがさないで祈りの中に心をこめる方がよい。

暴力によって得られた勝利は敗北に等しい。それはほんの一瞬しか続かない。

非暴力とは、悪を行う人間の意志におとなしく服従することではない。暴力者の意志に対して全霊を投げ打つことである。

「目には目を」という考え方では、世界中の目をつぶしてしまうことになる。

賢い親は子供が失敗することを許す。時には指を火傷するほうが、彼らにとっては良いのである。

非暴力は暴力よりも無限に優れているし、許すことは処罰するより遥かに男らしい。

自信がなくなった時に見る名言16選

すべての人の目から、あらゆる涙を拭い去ることが私の願いである。

一人に可能なことは、万人にも可能である。

精神性の最大の要素は「恐れない心」である。

私たちのように未完成な人間に、何もかも完璧にこなせるわけがない。私たちにできるのは、その時その時の妥協点を探ることである。

喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある。

(自分の)進歩が大きければ大きいほど、自分の無価値の認識もそれだけいっそう大きくなるものだ。

土を耕すのを忘れるということは、自分自身を忘れることだ。

1オンスの実践は、数トンもの説教以上の価値がある。

尊厳を保つためには金は必ずしも必要ではない。

たゆまず、休みなき努力によってこそ、「信念」は「豊かでゆるぎなき体験」に変わるのです。

すべての人の目からあらゆる涙を拭い去ることが私の願いである。

人間というものは信じた自分になることが多い。

もし、自分にはそんなことはできないと思ってしまうと、それで本当にできなくなってしまう。

しかし、もしできると信じたならば、たとえはじめはそのような能力がなかったとしても、それをなし遂げる力を得ることができるのです。

あなたが何をするにしても、それは些細なことでしょう。しかし、それをするということがとても大切なことなのです。

自分から負けに屈してしまわない限り、それは負けではないのだから、もがくことはみっともないことではない

もし、過ちを犯す自由がないのならば、自由を持つ価値はない。

真実はすべて心の中にある。人はそれを探し求め、真実によって導かれなければならない。

人間関係がうまくいかない時に見る名言10選

どんなときでも理解し合える関係を求めることは友情とは言えない。

本当の友情とはお互いがどんなに違っていても、そのあるがままの違いをしっかりと受け止めることなのだ。

弱い人間は決して許すことができない。許すということは、強い人間であることの象徴なのです。

もし、ただ一人の人間が最高の愛を成就するならば、それは数百万の人々の憎しみを打ち消すに十分である。

私はヒンズー教徒であり イスラム教徒であり キリスト教徒であり ユダヤ教徒です。 枝は違っても皆、一つの木なのです。

握り拳と握手はできない。

間違ったことをしている人を見たら、自分だって間違いを犯したことがあると思い起こそう。

欲深い人を見たら、自分もかつてそうだったと思おう。

こうやって世界中のあらゆる人に自分との共通点を見出せば、自分の幸せと同じように、人々の幸せを願うようになるだろう。

人間性への信頼を失ってはならない。人間性とは大海のようなものである。ほんの少し汚れても、海全体が汚れることはない。

何か信じるものがあるのに、それに従って生きない人間は信用できない

敵と相対するときは、その敵を愛で征服しなさい。

人任せでは未来は築けない

まとめ

今回は「マハトマ・ガンディー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「マハトマ・ガンディー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム