西暦1900年代の偉人

【アンドリュー・カーネギー】の名言集|名言まとめドットコム

誠実な一言は、心にも無き百万言の賛辞に勝る。

最も高い目標を達成するには、一歩一歩進むしかないという事実を、頭に入れておかなければならない。

先延ばしにする癖のある人は、人生を漫然と過ごして失敗する。

大事業というものは厳しい誠実さの上にだけ築き上げられるもので、それ以外の何も要求しないのである。

ものの見方を改めれば、どんなことでも楽しくなる。

私は特別な人間ではない。しいて言えば普通の人より、ちょっと努力しただけだ。

自分の目標を低く設定する必要はない。また、自分の望み以下の物で満足しなければならない理由もない。

最初に来た者が牡蠣にありつける。2番手が手にするのは殻だけだ。

覚えておきなさい。あらゆるビジネスを左右するのはそこで働く人間の心構えなのだよ。

富は得ることのみに価値はない。有意義に散する時に価値あり。

他人と最もうまく協力できる人が最大の成功を収めることになる。

自分の時間は、睡眠に必要な時間を除いてすべて何らかの利益をもたらすようなことに使うべきだ。

会社とは生き物である。

一番高いところを目指せ。

ごく些細なことに、人間の運命をきめる最も重要なことが、かかっているかもしれないのである。

心構えは声のトーン、顔の表情、体の姿勢に影響し、その人が抱くあらゆる感情の性質を左右するとともに、その人が話す言葉の印象を変える。

お金が人間を堕落させるのではない。儲ける為だけに儲け、貯める為だけに貯めようとすることが人間を堕落させるのである。

「明確な目標」があれば変化を起こして、環境を自分を従わせることができるが、そうでなければ、周囲に流され環境に支配されてしまう。

絶対に出世が出来ない人間には二種類ある。一つは言われたことが出来ない人。もう一つは言われたことしか出来ない人だ。

やるべきことと、それ以上のことを行いなさい。そうすれば、未来は自然に開けるものです。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム