西暦1800年代の偉人

【チャールズ・ロバート・ダーウィン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:エキサイトニュース

今回は有名な「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

チャールズ・ロバート・ダーウィンとは

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑːlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、 イギリスの自然科学者。
1809年2月12日にイングランドのシュロップシャー州シュルーズベリーにて、6人兄弟の5番目の子供(次男)として生まれた。父方の祖父は高名な医師・博物学者であるエラズマス・ダーウィンであり、母方の祖父は陶芸家・企業家であるジョサイア・ウェッジウッドである。

エディンバラ大学で医学、ケンブリッジ大学でキリスト教神学を学んでいるときに自然史への興味を育んだ。5年にわたるビーグル号での航海によって、チャールズ・ライエルの斉一説を理論と観察によって支持し、著名な地理学者となった。またその航海記によって人気作家としての地位を固めた。

参考:Wikipedia

チャールズ・ロバート・ダーウィンの名言集

勇気が欲しい時に見る名言6選

科学者は希望や愛情を捨てて、石の心を持つべきだ。

エラーをなくすというのは良い貢献であり時に、新しい真実や事実を発見するより良い事にもなる。

科学者は希望や愛情を捨て、冷酷な心を持つべきだ。

科学者たるもの、願望や愛着を持つべきではない。ただ石のごとき心を持つべきだ

リンネとキュヴィエは私にとって二人の神であったが、しかし彼らも老アリストテレスの前では若造にすぎない。

わたしには突出した理解力もなく、超人的な智慧もない。

ただ束の間の事柄に気づき、それを細かく観察する能力が、わたしは普通の人よりも優れている

成長したい時に見る名言11選

有利な個々の変異を保存し、不利な変異を絶滅すること。これが自然淘汰である。

ブランデーを飲んで酔っ払ったことのあるアメリカザルは、もう二度とそれに手をつけようとはしない。

人間よりはるかに頭がいいということだ。

自然淘汰とは、有用でさえあれば、いかに小さな事であろうとも、保存されていくという原理である。

すべてのものの始まりの謎は私たちには説明できない。 自分としては証明しきれないものとして満足しなければならない。

道徳的文化における最高なステージは、我々の思考を我々が制御すべきと認識したときである。

我々の貧困の悲惨さが自然法則によるものではなく、人間の行いによるものだとしたら、我々の罪は重い。

知性とは、ある種が生き残るために必要な物事をどれだけ能率的にこなせるようになるかに基づく

生物の変異性と遺伝性、そして人間の力、これが人為淘汰である

自分でどんなに気に入っている仮設でも、それに反する事実が明らかになれば、

すぐにその仮説を捨てられるよう、常に心を自由にしておく努力を重ねてきた

昆虫でさえ、怒りや恐れ、嫉妬、愛をその鳴き声で表現するものである。

自らの無知を明確に理解することは、いつでも賢明なことだ。

やる気の出ない時に見る名言12選

おお、それは僕に死ねと言うのと同じだよ。科学こそ生きがいなのだ

一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

愚者の実験が好きで、私は常にそれを行っている。

原因を探求し続ける力が、人を発見者にする。

1時間を無駄に過ごすような人間は、まだ人生の貴重さを発見していない。

個々の種が単独で作られたという平凡な見解では、科学的な説明は得られない。

時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値を見出してない人だ。

愚か者の実験が大好きだ。私もいつも愚か者の実験を行っているんだ。

わたしが科学で成功した最も重要な点は、科学への情熱と長い探求を続けてきたことにある

人口は幾何級数という比例で増加するが、食物は等差級数でしか増加しない

もしミミズがこの世からいなくなったら、植物は滅亡に瀕するだろう

私は多年、一つの戒めを守っている。

それは、いつでも新しい観察や考えに接した時には、即座にそれを書きとめておくということである。

人生に迷った時に見る名言11選

動物を支配する者としては、我々人間と動物を等しい存在として考えたくはないものです。

人間は自らの生計資力よりも速い速度で増加する傾向があります。

この理論が受け入れられるのには種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

私は名声を得るために自分の道から1インチなりともはずれたことはなかった。

私は、事実を観察し結論を導くための機械のようになっている。

進化の事実は生物学の根幹でありしたがって生物学は改良理論の上に立つ科学という特有のポジションに位置する。

しかし、これを科学と呼べばよいのか信仰と呼べばよいのか?

もう一度人生を生きれるのなら、私は少なくとも週に一度は詩を読み、音楽を聴く習慣を設けるだろう

これほど多数の証拠があっては、人類と他の動物とが共通のものから進化したものであることを、どうしても認めざるを得ない。

自然選択は変化の主な手段ではあったが、唯一のそれではなかったと私は確信している。

将来の生については、相反する曖昧な確率の間で誰もが自ら判断せねばなるまい。

本能の本質は、それが単独の理由ととして付き従っているということです。

人生に不安のある時に見る名言8選

より複雑な感情のほとんどは、高等動物と我々とに共通するものである。

無知というのは、しばしば知識よりも自信をもたらすことが多い。

科学によって問題を解決することができないと主張するのは大抵知識がない人である。

死ぬことは、ちっとも怖くない。

我々は、衛星、惑星、恒星、宇宙が、それどころか宇宙全体のシステムが、

一定の法則によって支配されている事を認める事ができるのに、それが最も小さな昆虫の事になると、

特別な行いによって一度に創造されたと思いたがる。

最高の未来は現在までどのように至るのか、子どもを持つと考えざるを得ない。

人間は自分が神によって創造された傑作だと信じているが、それならむしろわたしは人間が動物によって創造されたと信じる

同じ種類の鳥が、繁殖するうち、2種に変わったに違いない。動物は生活に適するように変化するのだ

生きとし生けるものすべてへの愛は、人間のもっとも素晴らしい属性である。

ピンチの時(焦っている時)に見る名言6選

楽観は希望の灯台。

それは危険という谷から平坦な道を指し示し、あなたに新しい生命、新しい希望をもたらし、あなたの理想を永遠に支えてくれる

私は、できるだけ一生懸命に、できるだけよくやったのだ。誰もこれ以上にはできない。

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

赤面の表情は、最も特有で、最も人間らしい感情表現である

科学とは事実を整理すること。それによって普遍的な法則或いは結論を見出せる

数学者とは、真っ暗な部屋の中で、そこには居ない黒猫を探し続ける人のようなものだ。

人間関係がうまくいかない時時に見る名言4選

私には、他人の指揮に盲目的に従うような傾向はない

友情は、人の価値を測る最も適切な物差しのひとつである

誰が正しいか、ではなく、何が正しいかが重要だ

人は自然が与えたすべての特徴を美化し、ときには誇張したがる。

 

まとめ

今回は「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「チャールズ・ロバート・ダーウィン」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム