紀元前の偉人

【ピタゴラス】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:楽しくピタゴラス

今回は有名な「ピタゴラス」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ピタゴラス」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ピタゴラスとは

ピタゴラス(英: Pythagoras、紀元前582年 - 紀元前496年)は、古代ギリシアの数学者、哲学者。「サモスの賢人」と呼ばれた。ピュタゴラスとも表記される。

紀元前6世紀ごろ、古代ギリシャ文化圏の東辺に位置する、現在のトルコ沿岸にあるイオニア地方のサモス島で、宝石細工師の息子として生まれた。若くして知識を求めて島を旅だち、古代オリエント世界の各地を旅し、20年にわたった放浪の末に、当時存在した数学知識のすべてを身につけた。あらゆる事象には数が内在していること、そして宇宙のすべては人間の主観ではなく数の法則に従うのであり、数字と計算によって解明できるという思想を確立した。

参考:Wikipedia

ピタゴラスの名言集

思考することとは、アイデアの輸送中であるということである。

人は必要に迫られるとすぐに実力を発揮する。

塩は最高純度の両親から生まれる、太陽と海だ。

道理は不滅である。他のすべては死をまぬがれない。

人間の心は三つの部門、すなわち知力・理性・情熱に分けられる。知力と情熱は他の動物にも具(そな)わるも、理性は人間のみ具わる。

目を閉じて、眠りに就いてはならぬ。その日、お前のした行為を三度振り返るまでは。何がうまくでき、何が失敗し、何をまだしていないか?

肉体の強さより精神の強さを求めなさい。

よくできたと満足して休みなさい。そして他の人が君についてあれこれ何と言おうと言わせておけばよいのです

妻は夫と寝るときには、下着と一緒に羞恥心も脱ぎ捨てなくてはいけない。しかし、再び下着を着けるときには羞恥心も取り戻さなくてはいけない

怒りは愚に始まり、後悔に終わる。

必要性とは、可能性の隣人である

古い種子は生命の芽を内部に持っている。それはただ、新しい時代の土壌に蒔かれる必要があるのだ。

意味のない言葉より、沈黙のほうがよい。

善をなさんとするものは門を叩き、愛する者は門が開放されているのを見出す。

君には君の霊以外に真の所有物はないことを肝に銘ずるがよい。断固として最上の生活形態を選べ

友は旅の仲間であり、幸せな人生の道へ粘り強く助け合わなければならない。

10個の天体は、円形の軌道を移動しつつ、甘美な音楽、諸々の球体の調和を発散する

沈黙することを学びなさい。静まった心に耳をすませ、吸収させなさい。

美徳とは調和である。

己の寝台を己のための寺院とせねばならず

次のページへ >

スポンサーリンク

-紀元前の偉人

© 2022 名言まとめドットコム