西暦1500年代の偉人

【ウィリアム・シェイクスピア】の名言集|名言まとめドットコム

ウィリアム・シェイクスピアとは

ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われている。

出生地はストラトフォード=アポン=エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1613年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。『ヴィーナスとアドーニス』のような物語詩もあり、特に『ソネット集』は今日でも最高の詩編の一つとされている。

参考:Wikipedia

ウィリアム・シェイクスピアの名言集

落ち込んだ時(悲しい時)に見る名言19選

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。

肥えた土ほど雑草がはびこるものだ。

悲しみは独りではこない、必ず連れを伴ってくる。その悲しみの跡継ぎとなるような連れを。

不幸を治す薬は希望より外にない。

貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。

しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです。

物事によいも悪いもない。考え方によって良くも悪くもなる。

過ぎ去った不幸を嘆くのは、すぐにまた新しい不幸を招くもとだ。

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷はいやされなくても、気は楽になる

軽やかな心が、長生きする。

どうせ悲しい 人の世ならば せめて楽しい ふりをしよう。

寡黙の人は最善の人である。

してしまったことは元には戻らない。

楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。

賢明に、そしてゆっくりと。速く走るやつは転ぶ。

時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ。

王者に安眠なし。

どうせ年をとるなら、陽気な笑いでこの顔にシワをつけたいものだ。

今後のことなんかは、ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。

険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。

勇気が欲しい時に見る名言9選

臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。

愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている。

栄光は水面の輪のようなものだ。

輪は広がりすぎて消えてしまうまで、どんどん大きくなり続けるからである。

行動は雄弁である。

眼前の恐怖も想像力の生みなす恐怖ほど恐ろしくはない。

後悔する!それこそ卑怯で女々しいことだ。

習慣も大事だが、なかには守るより破ったほうがいいものもある。

何もしなかったら、何も起こらない。

一度笑い飛ばした人生は、後で泣いて見せても取り返しはつかぬ

成長したい時に見る名言9選

ひとつの顔は神が与えてくださった。もうひとつの顔は自分で造るのだ。

暗闇はなく、無知があるのみ。

天国と地上の間には、世の哲学などの思い及ばぬことが多数ある

時の与えるあらゆる利益を迅速に利用せよ

無学は神の呪いであり、知識は天にいたる翼である。

輝くもの、必ずしも金ならず。

偉大な人間には三種ある。

生まれた時から偉大な人、努力して偉大になった人、偉大になることを強いられた人。

簡潔こそが英知の真髄である。

自然でない行いは、自然でない混乱を生む。

人生に不安のある時に見る名言9選

いかに美しいものでも行為によっては醜怪になる。

腐った百合は雑草よりひどい臭いを天地に放つ。

人殺しを許す慈悲は人殺しを育てるに等しい

悪事によって得たものは、悪事の報復を受ける。

人生は歩く影にすぎない。

人生は、二度繰り返される物語のように退屈である。

全世界は一つの舞台であって、すべての男女は、その役者にすぎない。

それぞれ舞台に登場してはまた退場していく。人はその時々にいろいろな役を演じる。

舞台は年齢によって七幕に分かれているのだ。

外観というものは、一番ひどい偽りであるかもしれない。世間というものはいつも虚飾にあざむかれる。

人は死ぬも生きるも自分の意のままにならない

運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ。

自信がなくなった時に見る名言14選

人生は不安定な航海だ。

女はバラのようなものでひとたび美しく花開いたらそれは散る時である。

父親というのは、自分の子どものことは分からないものだ。

期待はあらゆる苦悩のもと。

小さなろうそくがなんと遠くまで照らすことか!このように、善行も汚れた世界を照らすのです。

人の成すことには潮時というものがある。

うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期をのがすと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。

人より早く成功する奴は、ダメになるのも早い。

望みなしと思われることもあえて行えば、成ることしばしばあり。

不幸というものは、耐える力が弱いと見てとると、そこに重くのしかかる。

名前に何の意味があるのか。

成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。

所詮は人間、いかに優れた者でも時には我を忘れます。

自分と同列の人間を恐れながら生きるのなどは真っ平だ。

強力な理由は力強い行動を生む。

失恋した時に見る名言11選

恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。

真の恋の道は、茨の道である。

恋の始まりは晴れたり曇ったりの4月のようだ。

求めて得られる恋もよいものだが、求めずして得られる恋のほうが、なおのことよいのである。

計算された恋は卑しいものだ。

恋は盲目で、恋人たちは恋人が犯す小さな失敗が見えなくなる。

恋は雨の後の太陽、肉欲は太陽の後の嵐

真実の愛はうまくいかないものだ

どのくらい、と言えるような愛は卑しい愛にすぎぬ

ほどほどに愛しなさい。 長続きする恋はそういう恋だよ。

恋は目で見ず、心で見る。

イライラした時に見る名言6選

喜怒哀楽の激しさは、その感情とともに実力までも滅ぼす。

今晩一晩は我慢しなさい。そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。そして、その次はもっと楽になる。

嫉妬に御用心なさいまし。

嫉妬は緑色の目をした怪物で、人の心を餌食にしてもてあそびます。

もっとよく、というあがきが、往々にして、すでによいことを台無しにしてしまう

嫉妬をする人はわけがあるから疑うんじゃないんです。疑い深いから疑うんです

剣で殴りつけるよりも、笑顔で脅かすがよい。

ピンチの時(焦っている時)に見る名言6選

心の準備さえできているならば、万事が準備完了だ。

逆境が人に与えるものこそ美しい。

それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。

「これが最悪だ」などと言えるうちは、まだ最悪ではない。

生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ。

お前は熊から逃れようとしている。

しかし、その途中で荒れ狂う大海に出会ったら、もう一度獣の口のほうに引き返すのか?

どうとでもなれ、どんな大嵐の日でも、時間は経つ。

人間関係がうまくいかない時に見る名言10選

誰の話でも聞いてやれ、しかし自分のことはあまり話すでない。

他人の意見をよく聞き、だが判断は差し控えておくこと。

金の貸し借りをしてはならない。金を貸せば金も友も失う。金を借りれば倹約が馬鹿らしくなる。

敵のおかげでいいめを見、友だちのおかげで悪いめを見てるところだ。

愛は万人に、信頼は少数に。

男というものはいつでもそうだが、我が家から離れている時が一番陽気なものだ

人の言葉は善意に取れ。その方が五倍も賢い

弱いものを救い上げるだけでは十分ではない。その後も支えてやらなければ

人の傷を笑うのは、傷の痛みを感じたことのないやつだ

誰の言葉にも耳を傾けよ。 口は誰のためにも開くな。

罪悪で出世する者もいれば、美徳で落ちぶれる者もいる。

仕事がうまくいかない時に見る名言7選

まず計画はよく行き届いた適切なものであることが第一。これが確認できたら断固として実行する。

ちょっとした嫌気のために、実行の決意を投げ棄ててはならない。

俺は名誉なんかほしくない。名誉は葬式の紋章にすぎない。

何事にも、何故ないし何の為という理由なり原因がある

1分遅刻するより、3時間早すぎるほうが良い

一旦、仕事に着手したら、目標とする全てが得られるまで手を離すな

失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです

美徳を身につけていないのなら、せめてそのふりをしなさい。

まとめ

今回は「ウィリアム・シェイクスピア」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ウィリアム・シェイクスピア」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1500年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム