西暦1500年代の偉人

【クリストファー コロンブス】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「クリストファー コロンブス」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「クリストファー コロンブス」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

クリストファー コロンブスとは

クリストファー・コロンブス(英語: Christopher Columbus、イタリア語: Cristoforo Colombo、スペイン語: Cristóbal Colón、ポルトガル語: Cristóvão Colombo、ラテン語: Christophorus Columbus、1451年ごろ - 1506年5月20日)は、探検家・航海者・コンキスタドール、奴隷商人。定説ではイタリアのジェノヴァ出身。ランス・オ・メドーが発見されるまでは大航海時代においてキリスト教世界の白人としては最初にアメリカ海域へ到達したとされていた。彼の実績により彼の子孫はスペイン王室よりベラグア公爵とラ・ベガ公爵(スペイン語版)に叙され、2021年現在までスペイン貴族の公爵家として続いている。

参考:Wikipedia

クリストファー コロンブスの名言集

太陽の光を追って、我々は旧世界を後にした。

インドへの航海の実行には、知性も数学も地図も活用しなかった。

その空気は4月のセビリアのように柔らかく吸い込むととてもあまい香りがした。

地球は球体であり、西に進めば東端にだどりつく。

2世紀のギリシア人地理学者のマリヌスはヨーロッパからアジアまでは地球の15/24に当たるという。したがって未知の領域は9/24=約1/3となる。

インディアンが何を言っているか、日々理解できるようになっていったので、お互いの理解が進んでいった。

私は最も若いうちから海へ行き、今日まで海での生活を続けてきた。誰かが航海した場所は全て私も航海した。

マリヌスが認識していたアジアは(当時認識されていたという意味で)現在のアジア東端までに比べれば狭い。したがって未知の領域はさらに狭くなる。

想像はむずかしく、模倣は容易い。

人生は我々が夢見るものより、もっとイマジネーションに溢(あふ)れている。

海は人に新しい希望を与え、眠りは家族の夢を与える。

原住民たちは所有に関する概念が希薄であり、彼らの持っているものを『欲しい』といえば彼らは決して『いいえ』と言わない。逆に彼らは『みんなのものだよ』と申し出るのだ。彼らは何を聞いてもオウム返しにするだけだ。彼らには宗教というものがなく、たやすくキリスト教徒になれるだろう。我々の言葉と神を教え込むために、私は原住民を6人ばかり連行した

「我生きる」ということを前提にするのではない。「航海」するということを前提にするのだ。

完璧を恐れる必要はない。決してそこには到達しないから。

9世紀のイスラム人天文学者アルフラガヌスは経度1度=約56.6マイルと計算した。したがって未知の領域は56.6×360/3=約6,800マイル。しかもこれは赤道上であり北寄航路ならば距離はさらに縮まる。

金は宝である、金を持つものはこの世界で望むことすべて可能にし、魂を楽園へ導く。

あらゆる障害や誘惑に打ち勝つことで、どんなときでも目標や目的地に到達することができるだろう。

0から1を創るのは難しい。1から2を作ることは易しい。

航海することが前提であり、生存することが前提ではない。

ここの人々は武器に慣れていない。1人で50人を支配下におくことができた。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1500年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム