ヘンリー・フォード 偉人

【ヘンリー・フォード】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ヘンリー・フォード」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヘンリー・フォード」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヘンリー・フォードとは

ヘンリー・フォード(Henry Ford、1863年7月30日 - 1947年4月7日)は、アメリカ合衆国の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。

フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。T型フォードは、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。

参考:Wikipedia

ヘンリー・フォードの名言集

考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。

賃金を払うのは雇い主ではない。雇い主は、ただ金を扱っているだけ。賃金を払うのは顧客である。

自分の好きなことをやればいい。そうすれば、あなたは一生労働から解放されるだろう。

学び続ける人は、たとえその人が80才でも若いと言える。逆に、学ぶことをやめた人は、20才でも年老いている。人生で最も素晴らしいことは心をいつまでも若く保つということだ。

集まればことが始まり、共にいれば進歩があり、共に働けば成功がもたらされる。

金で自由が買えると思うのは誤りだ。この世で本当にたよりになるのは、知識と経験と能力だけである。

あなたができると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしてもあなたが思ったことは正しい。

どんな人間も、自分が思っている以上のことができる。

失敗とは、よりよい方法で再挑戦する素晴らしい機会である。

お金にしか生み出さないビジネスほど、つまらないビジネスはありません。

たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。

成功の秘訣というものがあるとすれば、それは、常に他人の立場を理解し、自分の立場と同時に、他人の立ち場からものごとを見ることのできる能力である。

もはや手のほどこしようのない事態になったら、事態の成り行きにまかせるだけだ。

若者は、自分を人と違ったものにする個性の種を一つでも探し出して、全力を尽くして育て上げることだ。社会と学校はこの種を奪い、誰も彼もひとまとめに同じ鋳型に押し込めようとするだろう。だが、この種を失ってはいけない。それは自分の価値を主張するための、ただ一つの権利だから。

あわてると何一ついいことがない。一直線に目標だけを見なさい。障害が目に入らないように。

自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。

障害がおそろしいものに見えるのは、目標から目を離すからだ。

見返りを期待しなくなったとき、倍の報酬がやってくる。

市場が良い商品で飽和することはないが、すぐに悪い商品で飽和する。

どんな企業でも、お金を必要とするときが危険なのではなく、成功して楽に資金が調達できるようになったときこそ、危険なのである。

次のページへ >

-ヘンリー・フォード, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5