西暦1900年代の偉人

【オグ マンディーノ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「オグ マンディーノ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「オグ マンディーノ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

オグ マンディーノとは

オグ・マンディーノ(Og Mandino, 1923年12月12日 - 1996年9月3日)は、アメリカ合衆国の自己啓発書作家、小説家、講演家。「世界中で最も多くの読者をもつ自己啓発書作家」と呼ばれたベストセラー作家。"セールスマンのグル"などとも形容される。

高校卒業後の4年間を空軍で活躍したのち、生命保険会社に勤務した。その後、シカゴの「サクセス・アンリミテッド・マガジン」の編集長となり、1976年まで同社代表を務めた。そのかたわら、1968年に『地上最強の商人』を執筆し、作家としてデビューした。以後、『この世で一番の奇跡』など続々とベストセラーを発表し、著書は世界22か国で3600万部を売り上げた。

参考:Wikipedia

オグ マンディーノの名言集

今、涙を流しなさい。流せるうちに

もっとも困難な仕事は、一回きりの爆発的なエネルギーの発散や努力ではなく、最善を尽くして日々努力しつづけることによって、達成される。

報いは必ず返ってくる

絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめるな!

いかなる人をもその莫大な資産ゆえに羨んではならない

たった一つのロウソクなどと考えてはなりません。すべての人が自分のロウソクに火を灯せば、真っ暗な夜を明るい昼に変えることができるのです。

挑戦し続けなさい。止めてはならない。状況は変わるものだということを常に信じていなさい

なにを考えるにせよ、あなたは実際に考えているものになりうるんです。

計画を立て目標を設定しない限り人並み以上に抜きんでることはできない

屈しない人間は、決して負けることがないのです。

あなたが望むとおりに創り出せるものとして手元にあるのは、「今」というこの時間だけ

弱点は、逆境となるどころか、実際には自分のためになることがある。

これからの人生、二度と私を困らせない日が二日ある。一日は、失敗と涙に彩られたたくさんの愚行や敗北を引き連れた昨日。昨日は私の手の届かないところに永遠に過ぎ去ってしまったのです。もう一日は、落とし穴や脅威や危険が待ち構えている未知の明日。明日は私と一切関係がありません。なぜならまだ生まれていないのですから

どうして世界を変えようと、なさらないのです?

あなたを罵り、わずかな報酬のためにどうしてそんなに熱心に働くのかと尋ねる人々を哀れに思いなさい。少なく与える者は、少なく受け取るのである

人間は、苦しめられて打ち負かされるとき、なにかを学ぶチャンスをえる。

あなたはそばに来て停まり、富と名誉と権力へのたやすく迅速な旅を提供しようと申し出る馬車は、すべて疫病のように避けなさい

隣人に救われることを、期待してはならない。

嫌々ながら働くこともできるし、感謝しながら働くこともできる。人間らしく働くこともできるし、動物のように働くこともできる

あなたを失敗に導いた不利な条件は、どこにあるのですか?あるのはあなたの心のなかだけにすぎません。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム