セーレン・オービエ・キェルケゴール 偉人

【セーレン・オービエ・キェルケゴール】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「セーレン・オービエ・キェルケゴール」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「セーレン・オービエ・キェルケゴール」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

セーレン・オービエ・キェルケゴールとは

セーレン・オービエ・キェルケゴール(デンマーク語: Søren Aabye Kierkegaard、1813年5月5日 - 1855年11月11日)は、デンマークの哲学者、思想家。今日では一般に実存主義の創始者、またはその先駆けと評価されている。

コペンハーゲンの富裕な商人の家庭に、父ミカエル・ペザーセン・キェルケゴール、母アーネ・セェーヤンスダッター・ルンの七人の子供の末っ子として生まれた。

キェルケゴールは当時とても影響力が強かったゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル及びヘーゲル学派の哲学あるいは青年ヘーゲル派、また(彼から見て)内容を伴わず形式ばかりにこだわる当時のデンマーク教会に対する痛烈な批判者であった。

参考:Wikipedia

セーレン・オービエ・キェルケゴールの名言集

何もしないよりも、挑戦して失敗するほうが良い。結果は同じかもしれないが、あなた自身は違ってくる。我々は勝利よりも敗北によって成長するのだ。

人々は自らが我慢できる程度の絶望に安住し、それを幸福と呼ぶ。

挑戦すれば失敗するかもしれない。しかし、挑戦しなければ、あなたはすでに失敗している。

人生は振り返ることでしか理解できないが、前向きにしか生きられない。

愚か者になるには二つの道がある。一つは、真実でないことを信じること。もう一つは、真実を信じようとしないこと。

真実はいつも少数派にある、少数派はいつも多数派に優るのである。なぜなら、少数派は真に自分の意見を持っているからだ。多数派は意見を持たない一団によって形成されており、その強さはまやかしである。

あまりに多くの人々が信じることは、間違いであることが多い。そして正しい主張をする人が孤立に追い込まれる。

たいてい絶望は、自分自身でいられないときに生じるものだ。

どの道を行くべきか、行ける道がどれだけあるか、我々はみんな知っている。だが、だれひとり行こうとはしないのだ。

不幸な人間は決して自分をさらけ出すことはない。なぜなら常に過去か将来を生きているからだ。

人々は言論の自由を要求し、ほとんど行使することのない思想の自由をその代償とする。

悦びは伝わるものであり、だから悦びを教えるということにかけては、みずから悦びにあふれた者に勝る者はいない。

最も痛々しい人間は、将来に思い耽っている人間だ。特に絶対に来ることのない将来に思い耽るのは悲惨だ。

しばらく二人で黙っているといい。その沈黙に耐えられる関係かどうか。

彼女と一緒で幸せとなるよりは、彼女のいない不幸の中でこそもっとも幸せになれる。

結婚したまえ、君は後悔するだろう。結婚しないでいたまえ、君は後悔するだろう。

その女を手に入れることができない期間だけ、男はその女に熱狂させられる。

ほんとうに黙することのできる者だけが、ほんとうに語ることができ、ほんとうに黙することのできる者だけが、ほんとうに行動することができる。

愛はすべてを信じ、しかも欺かれない。愛はすべてを望み、しかもけっして滅びない。愛は自己の利益を求めない。

不幸な人間は自分自身を見せようとしない。彼らは過去か未来に生きている。

次のページへ >

-セーレン・オービエ・キェルケゴール, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5