西暦1500年代の偉人

【ウィリアム・シェイクスピア】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ウィリアム・シェイクスピア」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウィリアム・シェイクスピア」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウィリアム・シェイクスピアとは

ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れた英文学の作家とも言われている。

出生地はストラトフォード=アポン=エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1613年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』をはじめ、『ロミオとジュリエット』『ヴェニスの商人』『夏の夜の夢』『ジュリアス・シーザー』など多くの傑作を残した。『ヴィーナスとアドーニス』のような物語詩もあり、特に『ソネット集』は今日でも最高の詩編の一つとされている。

参考:Wikipedia

ウィリアム・シェイクスピアの名言集

臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、勇者は一度しか死を経験しない。

簡潔こそが英知の真髄である。

逆境が人に与えるものこそ美しい。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる。

愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている。

女はバラのようなものでひとたび美しく花開いたらそれは散る時である。

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。

人生は歩く影にすぎない。

誰の話でも聞いてやれ、しかし自分のことはあまり話すでない。他人の意見をよく聞き、だが判断は差し控えておくこと。

肥えた土ほど雑草がはびこるものだ。

父親というのは、自分の子どものことは分からないものだ。

恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く、こちらが逃げれば追ってきて、こちらが追えば逃げて行く。

栄光は水面の輪のようなものだ。輪は広がりすぎて消えてしまうまで、どんどん大きくなり続けるからである。

楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ。

期待はあらゆる苦悩のもと。

金の貸し借りをしてはならない。金を貸せば金も友も失う。金を借りれば倹約が馬鹿らしくなる。

行動は雄弁である。

真の恋の道は、茨の道である。

人生は、二度繰り返される物語のように退屈である。

全世界は一つの舞台であって、すべての男女は、その役者にすぎない。それぞれ舞台に登場してはまた退場していく。人はその時々にいろいろな役を演じる。舞台は年齢によって七幕に分かれているのだ。

悲しみは独りではこない、必ず連れを伴ってくる。その悲しみの跡継ぎとなるような連れを。

次のページへ >

-西暦1500年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5