芸能人・タレント

【宮沢 りえ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:【宮沢 りえ】の名言集

今回は有名な「宮沢 りえ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「宮沢 りえ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

宮沢 りえとは

宮沢 りえ(みやざわ りえ )東京都練馬区出身 生年月日 1973年4月6日
日本の女優、ファッションモデル。かつては歌手としても活動していた。。エムツー企画所属。女優として映画、舞台、テレビドラマなどに出演。日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフ。夫はV6の森田剛

11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 『週刊セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM『三井のリハウス』の初代リハウスガール白鳥麗子役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。
同時期から活躍していた後藤久美子とは、同学年ということもあって仲が良く、また良きライバル関係でもあった。後藤とは11歳の頃、キットカットのCMで共演歴がある。
10代の頃には、そしてマネージャーを務めていた母親(通称・りえママ)の存在とで注目された。婚約や婚約解消、また男性との交際、さらに拒食症の噂など、芸能マスコミからのバッシング報道が相次ぎ、アメリカサンディエゴへの移住を発表するなど、一時期は芸能活動休止状態となった。
激痩せから回復して来たと見られる頃から、徐々に芸能活動を再開し、2002年(平成14年)の『たそがれ清兵衛』で落ち着いた演技を見せ、映画の成功以降は、女優としての活動の幅が広がり、本格派女優としての評価が定着しつつある。尊敬する岡本太郎が書き綴った「生きること、死ぬこと」「夫婦愛」などの詩を朗読する活動も行っている。柔らかなウィスパーボイスの持ち主で、ナレーション業も多く務めている。

参考:Wikipedia

宮沢 りえの名言集

自分が好きになった脚本に対して、誠実に向き合う

「自分を客観視できるのはすごく大事だと思います。
もうひとりの自分が、『うわーっ!』っと泣く芝居をしている自分に、『あなたそれ、泣きすぎじゃない?』と思っている自分がもうひとりいることって、なんていうんでしょう……すごくいい。
それって、女優の仕事じゃなかったとしても、同じことがあると思います。いろんなお仕事で、それは言えますよね。」

(セリフの)行間で自分が何を感じるか

「ダウンはします。
『ダウンしていない!』ってやってると、あとでクラクラッとくるから。
『ダウンしましたー!』というときは、ちゃんとダウンして、それで手当をして、それから立ち直ろうじゃないか。というところがあります」

(母親について)「表現者・宮沢りえ」には未来を見据えた課題を与えてくれたし、「娘・宮沢りえ」には、ごく一般的な常識に基づいてアドバイスをくれました

「最近すごく、ミュージシャンにあこがれてるんです。
ミュージシャンと演劇の人で明らかにちがうのは、つくる作業がひとりじゃないですか。
もちろんバンドではみんなといっしょですけど。言葉をつむぎだすとか、曲を作るのって、ものすごい孤独だとは思うんです。
その孤独な人たちが集まって、『じゃやろっか』とやり始めたときの、あの、なんかもう大人っぽい感じ?」

演じた役は自分の人生の一つなんだって思うようになりました

「興味は……興味だけは失いたくないです、わたし」

私たちが過ごしている日常は、当たり前のものじゃなくて、奇跡の瞬間の重なりなんだろうなって感じるんです

「人よりも、たくさんの経験をしていますから」

なんだか、常に劣等感があるんですよ

「いまは、いろーんなことを知りたい。
50になったときに豊かでいるには……もう、その、20代30代のピチピチしたものはないわけです。
じゃあ、そのかわりにどういうふうにしたら、魅力的になるんだろうと考えると、やっぱりいろんなことを知って、豊かになること。
会話をしていて、相手に豊かさを感じてもらえる。貧相ではない心を持ちたいと、すごく考えます」

撮りたいものがはっきりしていることが、演じる上で何よりの原動力になります

「‥‥チャンスがあることには、感謝しています。
でも、毎回オーディションだから。
今回の芝居もそうだし。ずーっとそうなんです。
『わたし、一生オーディションするんだな』って思ったのが、30代の中旬くらい。だって約束なんて何ひとつないわけだから」

太陽と月のモチーフは好きですね。よく自分でも買います。

「やっぱり経験にかなうものはないじゃないですか。
1000個つくった人と10個しかつくっていない人とは、いろんなことがちがうと思います」

役作りをどうしてるんですか?って言われるのが一番困るんで…

基本的に、立ち直りが早いというのかな……その苦い芯っていうのは、ポジティブなのかもしれないで。

(生活感が見えないことについて)特別なことなんて何にもないですよ

転ばない人生はつまらない。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム