芸能人・タレント

【新垣 結衣】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Aragaki Yui Fanspage

今回は有名な「新垣 結衣」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「新垣 結衣」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

新垣 結衣とは

1988年〈昭和63年〉6月11日生まれ、沖縄県那覇市出身。日本の女優、歌手、ファッションモデル。愛称はガッキー。
『ニコラ』の卒業を控えた2004年ごろからグラビアや女優業に進出。
2006年から2008年にかけて江崎グリコ「ポッキー」シリーズのCMに出演、このCMがきっかけとなりブレイクを果たした。
映画『ワルボロ』(2007年9月8日公開)で映画初出演。
2007年8月6日、『恋するマドリ』の主題歌「メモリーズ」で、歌手デビュー。
2012年12月30日、『第54回日本レコード大賞』(TBS)で初のレコード大賞司会を務める。司会業そのものも自身にとって初となる。
2014年11月8日、映画『トワイライト ささらさや』で初の母親役を演じる。
2017年3月23日・24日放送の『絆〜走れ奇跡の子馬〜』でNHKドラマ初出演。
2022年放送予定の『鎌倉殿の13人』(NHK)で大河ドラマ初出演予定。

参考:Wikipedia

新垣 結衣の名言集

一生懸命生きることっていいな、素敵だな。

つらいことがあっても絶対に誰かが助けてくれるっていうことに気付いた。

一生の課題ですが『何をするにも楽しめるようになる』というのを目標にしていて。

ターニングポイントはどこって一つの時期に決められないですね。時間をかけてじわ~っと変わっているので。本当に積み重ね。

ビクビクしながらやっても楽しくないですから。つらかったで終わりたくないんです。大変だったけど、最終的には楽しかったって言えるような時間を過ごしたいし、仕事や挑戦がしたいですね。

私の周りには新しいことに対して不安だけじゃなく楽しみなところをちゃんと見つけられる人がいっぱいいるんです。だから、私も楽しみなところを見つけようと思える。やっぱり人が関わって動いているなって思いますね。

敢えてチャレンジしたいことっていうのは何もないんです。何事も楽しみたいというのが、私の夢。この先どんな役をやるにしても、どんなお仕事をするにしても、全て挑戦になると思うから。それをいかに楽しめるかが目標です。

自分がその時の状況になってみないと、何を選ぶのが正しいのかは分からない。だから、絶対こうしたいというのはあんまり考えていないんです。

できなかったことが、ある日突然できるようになるわけではなくて、いろんな経験を経て徐々に変化していっている。

いろいろなことを経験する中で、不安になることもあると思います。不安に直面したり、ツライことがあったりしても、どうにかなるから大丈夫。

何か人なのか物なのか、そのタイミングで助けてくれる人が絶対にいます。

私は初めてのことって怖いと感じるタイプ、ワクワクするタイプではないですが、それを楽しみにできる人に少しでも近づいていればいいなって思います。

乗り越えられたのは、現場ごとで出会った人たちの優しさだったり、「この人たちと一緒にまた仕事をするにはここで負けちゃいけない」という気持ちだったり。

「ガッキー」と呼ばれても呼ばれなくても、どちらでもいいかなと思っていて。 「ガッキー」と思っている人は、イメージしている「ガッキー」ではない一面を見てガッカリしてしまったらそれは仕方がない。

趣味とかもないし、小さい時から続けてきたことも特にないので、一生懸命やれることってやっぱり仕事かなって。仕事をしている時が熱いです。

まわりの人たちが「30代は楽しいよ」というのをずっと聞いていて早く30代になりたかった。

きっと経験した人にしかわからないような楽しさが、30代にはあるんじゃないかとワクワクしていて。10代や20代のがむしゃらな時期を経て、お仕事にもある程度余裕が生まれて、プライベートも充実させたいという意欲が沸いてきたりするのかなと思って。

高1のころ、一緒にお昼ごはんを食べるグループが自然にできたんです。進級してクラスが別々になっても、3年間続きました。今振り返れば、何げない日常だけど、貴い時間に思えます。

私は主役やヒロインなど作品の顔として起用していただくことも多いのですが、そこには支えてくれるたくさんの人たちがいる。その人たちに照らしてもらっているからこそ輝けている。

自分に自信がなさすぎて、しかも葛藤すればするほど自信が持てなくなるそんなことがよくありました。

 

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム