その他有名人

【立花 孝志】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:立花孝志 2枚目の投票用紙には「NHK党」とお書きください 【NHKをぶっ壊す!】

今回は有名な「立花 孝志」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「立花 孝志」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

立花 孝志とは

1967年8月15日生まれ、大阪府泉大津市出身。日本の政治家、YouTuber。「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」党首。立花孝志ひとり放送局代表取締役。マツコ・デラックス被害者の会株式会社代表取締役社長。渡邉エージェンシー所属タレント。
2005年4月、週刊文春でNHKの不正経理を内部告発し、7月に自身の不正経理で懲戒処分を受けNHKを依願退職する。その後フリージャーナリストとして活動。2012年9月7日、立花孝志ひとり放送局株式会社を設立し同名のホームページを開設した。
2013年6月、政治団体「NHKから国民を守る党」(設立時はNHK受信料不払い党、7月に党名変更)を設立し、初代代表に就任。
2016年7月、船橋市議会議員を任期中に辞任して東京都知事選挙に立候補したが、落選。NHKの政見放送で「NHKをぶっ壊す!」などとNHK批判を展開し、ネット界隈で話題となる。

参考:Wikipedia

立花 孝志の名言集

私は、他人からありがとうと言われると幸せな気分になります。ありがとうって言われるのがうれしいと感じる人が政治家をすればよいと思います。

間違った時に素直に「ごめんなさい」と言える人が政治家をすればいいと思います。

悪いことを見つけたら注意しないといけないとか、悪いことをしたら謝らないといけないと教わりました。なぜ大人は悪いことをしても隠すのですか。どうして正直に謝らないんですか。

どうして正直に謝ろうとしている人が、心の病になって自殺しなければいけないんですか。

大人になれよって上司や先輩から悪魔のささやきによって、正直に生きていた子どもが嘘をつく大人に変わってしまう。

心の病を経験をした私から一言「しんどい時は休んだらいいんです」必ず元気になって、世の中のお役に立てる日がやってきます。ゆっくり休んでください。

私ができるのはNHKを改革することだけ。それが実現できれば、議員をやめます。

NHKのスクランブル放送を実現してほしいという声は全国民の半数以上あると思っています。半分以上ないなら、うちの党は終わりにしますよ。国民が望んでないことをやる必要はないから。

結果が直ちに出なくても正しいことを続けていれば必ず結果がついてくる。

人ができることは「自分もできる」

楽しいことをやれ。時間が短く感じることをやれ。

お金はね、「精神安定剤」。稼ぎすぎるとしんどくなるし、ある程度稼げないと死んでまうからね。俺は必要以上は稼がへんよ。金は回すものであって、「稼ぎ方」よりも「使い方」にこだわってる。

人生楽しめ!人に迷惑をかけなければ何をしてもいいというポリシー。

海老名をドバイに!

数多くの票よりも、熱い思いの一票が僕は欲しいんです。

NHKにお金を払わなくても安全に暮らせる日本にしたいんです。

選挙に出ることによって多くの方とコミュニケーションとれることは、素晴らしいことだなと思ってる

僕はマイナスが起こったら、マイナスをかけてプラスにします。

NHK受信料、奥様が旦那様の名前で契約しても有効です。最高裁判所が判決下しています。

【拡散希望】最新のNHK受信料確実に断る方法。NHKに電話して「受信料について説明しに家に来てください。その際NHK担当者の説明の様子を録画させて下さい」と言えばNHKは2度と来なくなります。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム