政治家

【小泉 純一郎】第87代内閣総理大臣の名言

引用元:首相官邸

今回は有名な「小泉 純一郎」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「小泉 純一郎」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

小泉 純一郎とは

小泉 純一郎(こいずみ じゅんいちろう、1942年〈昭和17年〉1月8日 - )は、日本の政治家。

衆議院議員(12期)、厚生大臣(第69・70・81代)、郵政大臣(第55代)、内閣総理大臣(第87・88・89代)、自由民主党総裁(第20代)、外務大臣(第12代)、農林水産大臣(第38代)を歴任した。

竹下政権にて厚生大臣として初入閣、宇野政権、橋本政権でも厚生大臣を務め、宮澤政権では郵政大臣を務めた。森喜朗の後任として自由民主党総裁に選出され、2001年(平成13年)4月に内閣総理大臣に就任した。内閣総理大臣の在任期間は1980日で、第二次世界大戦後の内閣総理大臣としては安倍晋三、佐藤栄作、吉田茂に次ぐ第4位。平成の時代においては安倍晋三に次ぐ第2位の長期政権である。2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙には立候補せず、二男の小泉進次郎を後継指名して政界を引退した。引退後は、奥田碩、田中直毅らとシンクタンク「国際公共政策研究センター」を設立し、その顧問を務めていた。公益財団法人日本尊厳死協会の顧問を務めている。

参考:Wikipedia

小泉 純一郎の名言集

「勝ち組」「負け組」はいいけれど、「待ち組」は問題。

散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ。

政党が順位を決める比例代表よりも一般有権者が直接選んだ方がよい。

ある程度の痛みに耐えないと明るい展望が開けることはありえない。改革なくして成長なし。断固として改革に立ち向かいます。

国会議員になる夢を果たせず、去っていった人が多いことをかみ締めて行動して欲しい。

国会議員になる夢を果たせず、去っていった人が多いことをかみ締めて行動して欲しい。

失敗のない人間は、面白くない。

すさまじい抵抗に恐れをなしちゃいかん。

昨日の敵は今日の友。今日の友はあしたの敵。これが当たり前の世界だ。これをわきまえながら友情ははぐくむことが大事だ。

来年9月までは精一杯務めるが、来年9月以降は総裁も首相も続けることはない。

今までの経験を生かし、自分の抱負、経綸をいかに実現していくか、全力投球してほしい。

戦国時代には仲のよい兄弟でも、戦わなければならない場面がよくあった。複雑な気持ちだ。

どういう天罰だろうな。政界の奇跡が起こったのは天運だろう。

改革に終わりはない。改革はありすぎるぐらいあるから、気を引き締めて取り組んでいく。

政治家は演技をしてはダメだ。

何回行こうが問題にならない。個人の自由だ。

土下座するようなことまで受け入れたのだから、復党を認めてもいいのではないか。

私も引き際、散り際を大事にして、任期中は首相の職責を精いっぱい頑張っていきたい。

影ばっかりだったところにようやく光が出てきた。光が見え出すと影の事を言い出す。

国会改革が遅れている。定数を削減しないと国民の理解を得られない。

次のページへ >

スポンサーリンク

-政治家

© 2022 名言まとめドットコム