その他有名人

【スティーヴン スピルバーグ 名言】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Vogue Japan

今回は有名な「スティーヴン スピルバーグ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「スティーヴン スピルバーグ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

スティーヴン スピルバーグとは

スティーヴン・スピルバーグは、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。アメリカ映画アカデミー会員。大英帝国勲章 (KBE) 受章。フォーブスの「アメリカで最も裕福なセレブリティ」2位の人物である。2018年には総興行収入が100億ドル(約1兆728億円)を超えた初めての映画監督となった。
1946年12月18日 、オハイオ州シンシナティでウクライナ系ユダヤ人の家庭に生まれ、アリゾナ州に育つ。
1965年からカリフォルニア州立大学ロングビーチ校にて映画を専攻。この頃になると、スピルバーグは大学に通う一方で休みになるとユニバーサルへ行くになり、ついには空き部屋だった掃除小屋を自分のオフィスとして使用してユニバーサルに居候を始め、ハリウッドの映画界を出入りするようになる。その後、21歳のときに、オープニングタイトルとオプチカル効果の会社を経営しているデニス・ホフマンと知り合い、映画製作資金を提供してもらうこととなり、最初の作品「アンブリン」を完成させる。この映画がユニバーサルテレビ部門の責任者シドニー・シャインバーグ(英語版)の目に止まり、ユニバーサルと7年契約することとなる。
1971年、『刑事コロンボ』の第3作目である「構想の死角」で監督を務めた。同年、テレビ映画として撮った『激突!』が評判を呼び、海外では劇場公開され、スピルバーグの名前が世界に知られるようになる。
1982年に公開された、不恰好だが愛くるしい宇宙人と子供たちとの交流を描いたファンタジー作品『E.T.』では、2度目の世界歴代興行収入1位を記録。
1993年には『ジュラシック・パーク』を大ヒットさせ、3度目の世界歴代興行収入1位を記録。1994年にドリームワークスを設立。1998年の第71回アカデミー賞では、第二次世界大戦におけるノルマンディー上陸作戦を舞台に兵士達の過酷な運命を描いた『プライベート・ライアン』で、2度目のアカデミー監督賞を受賞する。

参考:Wikipedia

スティーヴン スピルバーグの名言集

『E.T.』は、僕の両親の離婚をテーマに話を書こうとして始まったんだ。

僕の悩みの種はイマジネーションが止まらないことなんだ。朝起きても気持ちが高ぶって朝食が食べられない。エネルギーが尽きてしまうこともない。

映画の撮影前、僕は常に4つの映画を見る。それは『七人の侍』、『アラビアのロレンス』、『素晴らしき哉、人生!』、『捜索者』になることが多い。

僕の人生において、お金なんてどうでもいいんだ。

映画監督の視点から言えば、キャスティングは才能やスキルよりも運命や宿命ということもある。

失敗とは避けられないものであり、成功とは手に入れにくいものだ。

僕は、夜に夢を見るんじゃない。一日中夢を見ているんだ。生きる糧として、夢を見ている。

映画に行くといつも、それは魔法のように心を引きつけ、夢中にさせる。どんな映画であってもね。

その世代の読者が、その世代の作家を生み出す。

人々は物語の伝え方を忘れてしまった。もはや物語には中間部も結末もない。たいてい導入部がある。決して終わらない導入部が。

どうしてブックマークに1ドル支払うの?その1ドルをブックマークとして使えばいいのに。

編集が大好きだ。映画作りのなかで最もお気に入りなものの一つさ。

僕はお金を稼ぐことにあまり関心がない。

僕が作った映画の多くは、50年前の人々の心にも響くと思う。僕は昔ながらの価値観を大切にしているからね。

オードリーは自分が手にした以上のものを与えてくれた。彼女に会えなくなって、全世界が寂しがるよ。

歴史はいつだって映画製作者に新たな世界を開く。

自分の映画を夢見てはいけない。作るのだ!

僕は年齢を重ねても、決して年を取らない。それがハングリー精神を維持する秘訣だ。

映画検閲と良識と倫理的責任との間には微妙な違いしかない。

すべての良いアイデアは悪いアイデアからスタートする。だから良いアイデアが生まれるには長い時間がかかるんだ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム