その他有名人

【高須 克弥】の名言集|名言まとめドットコム

引用元: katsuyatakasu公式

今回は有名な「高須 克弥」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「高須 克弥」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

高須 克弥とは

1945年〈昭和20年〉1月22日愛知県幡豆郡一色町(現・西尾市一色町赤羽)に生まれる。日本の医師(美容外科・整形外科・形成外科)。学位は医学博士(昭和大学大学院・1973年)。高須クリニック・院長。
昭和大学卒後は整形外科医局に所属。
1974年(昭和49年)、愛知県幡豆郡一色町(現・西尾市一色町赤羽)に医療法人福祉会高須病院を開設。
1998年、高須病院の関連組織として老人保健施設や訪問介護事業を立ち上げて介護福祉分野にも参入した。
2008年(平成20年)、実家である高須病院を運営する医療法人社団福祉会の理事長に就任。
2016年、高須病院だけで約700人の職員を抱えると報じられた。介護老人保健施設「高須ケアガーデン」などの複数の施設(グループホーム・訪問看護ステーション・デイケア・ヘルパーステーションなど)を運営する。
ドイツで学んだ形成外科の技術がまだ日本で導入されていないことを知り、未発達な日本の美容業界ならトップになれると考え、美容外科に転身した。
1976年11月、愛知県名古屋市に高須クリニック開設。

参考:Wikipedia

高須 克弥の名言集

どんなことでも、自分と自分の家族にやれないことを人にやるもんじゃない。

人に見られることが老化防止につながるんだよ。

美熟女ブームは世の中が正常になってきた証拠。

最大勢力「支持政党なし党」は日本の心を大切にする人達だと思います。

女性はどんどん成長していくから、男は置いてきぼりにされちゃうんだよ。

少年時代はいじめられた思い出しかない。毎日毎日『白ブタ』って呼ばれて、殴られたり、洋服破られたり、本当に酷い事されてた。

いじめられている人を見ると、手助けしたくなるんです。

いじめられた幼少時代を過ごしたからこそ、困っている人の痛みを感じやすく、助けたいという思いに駆られる。

他院では断られてしまうような手間のかかる大変な手術も、私たちは出来る限りお受けしています。もし当院が断ってしまったら、悩んでいる患者様を誰も救うことは出来ません。

自分のスタイルを変えないことですね。

僕はお金持ちになりたいなんて思ったことはないの。自分を突き動かす原動力は、誰かを応援したいという気持ちだけ。

自分のスキルを磨き続けること。スキルを磨くと、その技術に対して信用が生まれる。そして、その信用がどんな世界でも生き抜いていく力になる。極端な話、お金がなくても信用があればどうとでもなる。

自分のお金を全額使い切って一生を終える。

日本は植民地解放の旗手だ。

愛国者であるなら皆同じ。僕はネトウヨだよ。

僕は新しい技術は自分自身で試すというポリシーがあります。

鼻は年をとらないから、鼻に存在感がある人は老けにくい。あとは丸顔も。

鼻が小さければだいたい整った顔になるのよ。日本人って団子鼻が多いから。

美人100人の平均値より、ブサイク100人の平均値の方が美しくなるんだよ。ブサイクはバランスが悪いけど、それぞれのパーツは美しかったりするから。

”高須の法則”っていうのがあるんだけど、左側のほうが天然で二重になりやすく、痩せやすい。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム