芸能人・タレント

【中川 翔子】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:中川 翔子オフィシャルYouTube

今回は有名な「中川 翔子」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「中川 翔子」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

中川 翔子とは

中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。
『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しょうこ(なかがわ しょうこ)。桃井はるこに続いて現れた秋葉系タレントの先駆けであり、インターネット文化やオタク的趣味が一般的でなかった2000年代中盤から、マスメディアで頻繁に2ちゃんねる用語の亜種(しょこたん語)を使用し、漫画・特撮・カンフーオタクとしての側面を全面に出して活動している。2021年6月13日に行われる予定のRIZIN28ではRIZIN史上初女性リングアナ(朝倉海vs渡部修斗)をRIZIN榊原社長から任された。さらにフジテレビRIZIN担当者より実況席のオファーがかかる。6月13日、総合格闘技18年ぶりとなる東京ドームにてタキシード姿に身を包み、リングアナ・実況席ともに女性史上初という快挙を成し遂げた。

参考:Wekipedia

中川 翔子の名言集

人生3万日しかない。

生きた証しを残したい。

「ただ隣りにいる人」、それが「隣(とな)る人」。大人にもぜひ、隣ってほしい。クラスにいじめがあるなら、挨拶するでもいい、関係ない話をするでもいい。一緒に笑えることがあったら、ぜひ話しかけてほしい。

「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない。

本当につらかったら、ちょっと休憩してもいいから。でも、「大丈夫、絶対に」と、未来の自分がそう言っていると、心の中に少し思っていてほしいなと思います。

悩むことは一番の先生。悩みながら読んだ本の1文字1文字や、聞いた音楽や、その時見つけた「これ、好き」って思える出来事が、いつかの未来に咲く花の種となって、自分の栄養になって返ってきてくれる日があると、今、私は断言できます。

長生きしたって3万日しかない運命。46億年の地球の中で、本当に一瞬でしかない。だったら、悲しんだりする時間、もったいないから、笑顔で燃え尽きられるようにしよう。

人生を邪魔する資格は、誰にもない。

被害者の命は戻らない。加害者が守られるんじゃない世界になっていきますように

言葉って難しいメールもブログも発言も誰かを傷つけるようなことはいいたくないのに傷つけてしまっている

自分の間違いを認めない事を続ければ、それがやがて真実になってくる

1カロリーでも無駄は無いという事ですね。傷ついたりとかしてもそれは大きな経験値となるんですね。

まとめ

今回は「中川 翔子」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「中川 翔子」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム