芸能人・タレント

【デーモン閣下】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:H.E. DEMON KAKKA

今回は有名な「デーモン閣下」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「デーモン閣下」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

デーモン閣下とは

デーモン閣下(デーモンかっか、自称紀元前98038年11月10日 - 〈「世を忍ぶ仮の姿」としては1962年(昭和37年)11月10日 - 〉、英語表記:His Excellency Demon Kakka)は、ミュージシャン・マルチタレント・ジャーナリスト。ロックバンド聖飢魔IIの元ボーカリスト。早稲田大学社会科学部卒業。POWERPLAY所属。好角家(相撲評論家)・広島東洋カープファン。

「世を忍ぶ仮の姉」はTBSテレビの小暮裕美子。「デーモン小暮」(1985年)、「デーモン小暮閣下」(2000年)、「デーモン閣下」(2010年以降)と名称を変更している。通称は「デーモン」、「閣下」。自身は人間の体を借りた悪魔と自称しており、生年月日は「紀元前98038年11月10日」だとしている。
帰国子女である経歴及び桐蔭学園高等学校卒業という学歴について『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で「織田裕二の先輩」とともに暴露された際に認めている。桐蔭学園高等学校・早稲田大学を通じた先輩であるやくみつるとは、在学中には面識がなかったものの共通の趣味である相撲を通じて親交を深め、「やく先輩」と呼ぶほどの関係となっている。

参考:Wikipedia

デーモン閣下の名言集

落ち込んだ時に見る名言9選

あんな音楽どこがええの?

ゼウスの妨害が!

お前を蝋人形にしてやろうか!

フハハハハハー!

今年の夏から来年の頭にかけて日本中を席巻する。

いい感じだ!

まだまだイケるぞ!

もっと良くなるぞ!

いい声出してたぜ!

そうだと思ったら行動せよ

人生に不安な時に見る名言11選

ソロのアーティストの難しさっていうのを昨今非常に感じるわけよ

引退がある、引退が!(笑)

常識は破っても構わないが非常識であってはならない

みんな明日から社会に巣立つ姿で来ている。吾輩にとってはこれが社会人としての姿なのだ

遠い異国から来た、痩せっぽちの少年の血と涙と汗の結晶でしょう。これは数字だけではない、偉大なものを秘めている記録かなと思いますね

ロック・バンドにおいてギタリストはやっぱり華でもあるので、当然”ここは俺の見せ場だ!”というところは、どんなギタリストにもあってしかるべきだと思っているわけだね。

伝統的文化は形だけ残してもしょうがない。

”日本人の力士たちがなんで出世できないか”っていうひとつの別の理由に、忘れ去っている何か…大和魂みたいなものがあるんじゃないですか?

やっぱり、志ですね。

吾輩の目を見て、同じことが言えるのか?

ご苦労であった!

イライラした時に見る名言7選

どいつもこいつも愛の歌を歌いおって!フハハハハハハハ…!

昨今、蝋人形にして欲しい奴が多すぎて、地獄の蝋人形工場はそりゃあ大忙しでてんやわんやさ。よって、お前は蝋人形にはしてやらない。

相撲は300年見諸君元気か?我輩はたった今元気ではなくなった。

相撲は300年見てる。

商売目的でやりやがってあんなの音楽じゃねェ!

リードばかり練習しないでしっかりと刻むことを練習せよ!

速くて激しいけれど、♪うまく歌ったってしょうがないじゃーん。上手に歌うことになんの意味があるんだ~。 ってのがパンク。

まとめ

今回は「デーモン閣下」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「デーモン閣下」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2023 名言まとめドットコム