芸能人・タレント

【渡辺謙】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:【渡辺謙】の名言集

今回は有名な「渡辺謙」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「渡辺謙」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

渡辺謙とは

1959年10月21日に新潟県北魚沼郡広神村で生まれる。
芥川比呂志演出による演劇集団 円公演『夜叉ヶ池』を観劇して感銘を受け、翌年に同劇団附属の研究所に入所する。アルバイト先で知り合った猪俣公章の紹介で唐十郎作、蜷川幸雄演出『下谷万年町物語』のオーディションを受け、研究生ながら主演の青年役に抜擢された。
1982年、演劇集団 円の劇団員に昇格し、『未知なる反乱』でテレビデビューを果たした。1984年には『瀬戸内少年野球団』で映画デビューする。
以降、舞台・テレビドラマなどで次々と大役を演じ、前途洋々に見えた1989年、映画初主演となるはずであった『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症して降板する。
日本国外映画初出演となったアメリカ映画『ラスト サムライ』で、渡辺は同年度の第76回アカデミー賞助演男優賞ならびに第61回ゴールデングローブ賞 助演男優賞、第30回サターン賞 助演男優賞にノミネートされる等高い評価を得る。

参考:Wikipedia

渡辺謙の名言集

あまり日本とハリウッドを分けて考えてはいなくて、魅力的な脚本と魅力的な監督がいれば、どこでも良いと思っています。

興味を持って声を掛けてもらえることは、俳優としてうれしいことですからね

自然の脅威や力に対してある種、科学者としてひれ伏してしまう

時期や空気みたいなものがきちんと合うかどうかは、考えざるを得ないですね

海外のメディアも非常に好意的に受け入れてくれていてそれなりの結果が出たので、正直ホッとしたというか、本当に良かったと思います

撮影中はワンシーン、ワンシーンを丁寧に撮っていくことに集中していました

実在の場所に行って、実際の空間を俳優に体験させていく。

スクリプトの段階から緻密なプランを組み立てないと、到底できないことだった

一緒にジェットコースターに乗っていくような感覚で、クリスの体感スピードについていき、その重力に耐えるという感じで作っていました

クリスの完全なオリジナル脚本だったので、彼のイメージの中を僕たちは「さまよわされた」という感覚でした

「訳がわからなくても、もうやっちゃえ!」という感じでオファーを受けました

いい先輩だし、きれいにお金を使う、本当に格好いい。

男って犬みたいなモノで、従属する喜びっていうのがあると思うんです

喜びをこの年で久しぶりに味わいました

伊集院さんに会って食事をしたら、やっぱり格好よかったですね

紳士というのはもっとストイックで近寄りがたい存在

色っぽさだったり、だらしなさだったり、そういうのをひっくるめたのが男らしさ、男の格好よさだと思います

僕は、紳士に興味がないんですね。でも男には興味がある

劇場の外に音が漏れるぐらいの音でゴジラの咆哮を聴いてほしい

みんな本当に携帯で映画を見ているんですかね

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム