西暦1900年代の偉人

【深沢 七郎】の名言集|名言まとめドットコム

女は男をたのしみ、男は女をたのしむ。これが重大なのです

「あの、連れてって下さいよ、ボクも」と声をかけた。そうすると、三人が一セイにこっちをむいてボクを睨みつけたのである。そのおっかない目つきと云ったら、六ツの凄い目でグッと睨まれてしまったのである。

死ぬことは大いにいいことだね。ゴミ屋がゴミを持っていってくれるのと同じで、人間が死んで、この世から片づいていくのは清掃事業の一つだね。

それは勝手に自分でそうきめていることで、貴君のような奴はちからも金もないが、それを持った場合は厭世家ではなくなり、恐ろしい人肉利用者になると思います。ニヒリストだ、アナキストだ、オナニストだなどとうぬぼれるのが呆れます。あなたは、ほんとは独裁者、資本主義者、寄生虫、たかり屋、詐欺、横領の素質を持っている奴です。

もっと、もっと、何回でも、何人の女性でも追いなさい

ハラの中のサナダ虫は、卵をたくさん生むが、全部孵化させないで、ウンコにして出す。回虫だって承知している。人間もそうすればよい。自分が一匹だから、夫婦が一人ずつ生めば、すぐ人口が少なくなる。

今まで人間たちが思い込んでいた他の動物よりすぐれているという考えを滅亡させること

恋愛というものは一種の精神病です、、、症状はマラリアなどと同じように熱病の一種です

漠然として生きていることです。ボーッとして生きることにあるのです

ただ生きているという状態だけでいい

最も重大なことは「何もしないのが好き」というところです

実際やってみるとむずかしい

ウンコでは誰よりも苦労したね。苦労というか、いろんな経験を踏んでますね。

三島由紀夫センセイの死だって自然淘汰さ

恋愛というものは一種の精神病です、、、症状はマラリアなどと同じように熱病の一種です

日本人の人口が増えたほうがよいというのは、みんな悪いヤツが言うこと。人に働かせて、自分はのうのうと暮らそうとしている。子どもが増えれば、奨励金をやる、というのは悪いヤツ。労働力をふやすためにそういっているだけ。

無職ということもステキな人生です

人間には本物なんかありません。みんなニセモノです。どんな人もズウズウしいくせに、ハズカシイような顔をしているのです。どんな人もゼニが欲しくてたまらないのに欲しくないような顔をしているのです。人間は欲だけある動物です。ホカの動物はそのときだけ間に合っていればいいと思っているのに人間だけはそのときすごせるだけではなく死んだ後も子供や孫に残してやろうなんて考えるので人間は動物の中でも最もアサマシイ、不良な策略なども考える卑劣な、恐ろしい動物です。だから、本物などある筈はありません。

生きるのではなく生きているのです。ただわけもなく生きているのが人間です

また、「自分が安っぽい人間に思えて毎日がいやになる」なんてとんでもない考えかたです。安っぽい人間ならこんな有難いことはありません。安っぽいからあなたは負担の軽いその日その日を送っていられるのです。安っぽい人間になりたくてたまらないのに人間は錯覚で偉くなりたがるのです。心配なく現在のままでのんびりといて下さい。いちばんおすすめすることは行商などやって放浪すること、お勤めなどしないこと、食べるぶんだけ働いていればのんびりといられます。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム