西暦1900年代の偉人

【深沢 七郎】の名言集|名言まとめドットコム

つまらないことを考えないで刹那主義でいることです

アブラムシはバカだから、一本の梅の木にいっぱいたかって、自分が死ぬことになる。渋谷などを歩いていると、前から人がぶつかるが、これはアブラムシと同じくらいバカげたことだね。東京は五十人くらいでよい。そうなれば水はきれい。公害もない。

人間は欲が深く、汚く、食いしん坊で、スケベエです

(頻発する学校のいじめ問題に対して)生徒が自殺したら校長センセも担任教諭も自殺しろよ

コッケイ以外に人間の美しさはないと思います

旅行は見物をしに行って帰って来るのだが、私の場合は、ちょっと、ちがって、行ったところへ住みついてしまうのだった。

(航空機墜落事故について)飛行機は落ちることが当たり前で、落ちないというのが事故なのだ

毎日同じ仕事だからいいのです

泣いたり騒いだりするのは、アタマがどうかしているのではないだろうか

アブラ虫と同じ状態だと思うのだ。だから、人は繁栄しなくてもいい、繁栄する必要はないと思う。必ずしも道徳だとか、常識だとかにこだわらない

まとめ

今回は「深沢 七郎」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「深沢 七郎」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム