西暦1900年代の偉人

【ライナー マリア リルケ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「ライナー マリア リルケ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ライナー マリア リルケ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ライナー マリア リルケとは

ライナー・マリア・リルケ(Rainer Maria Rilke、1875年12月4日 - 1926年12月29日)は、オーストリアの詩人、作家。シュテファン・ゲオルゲ、フーゴ・フォン・ホーフマンスタールとともに時代を代表するドイツ語詩人として知られる。
プラハに生まれ、プラハ大学、ミュンヘン大学などに学び、早くから詩を発表し始める。当初は甘美な旋律をもつ恋愛抒情詩を発表していたが、ロシアへの旅行における精神的な経験を経て『形象詩集』『時祷詩集』で独自の言語表現へと歩みだした。1902年よりオーギュスト・ロダンとの交流を通じて彼の芸術観に深い感銘を受け、その影響から言語を通じて手探りで対象に迫ろうとする「事物詩」を収めた『新詩集』を発表、それとともにパリでの生活を基に都会小説の先駆『マルテの手記』を執筆する。
第一次大戦を苦悩のうちに過ごした後スイスに居を移し、ここでヴァレリーの詩に親しみながら晩年の大作『ドゥイノの悲歌』『オルフォイスへのソネット』を完成させた。『ロダン論』のほか、自身の芸術観や美術への造詣を示す多数の書簡もよく知られている。

参考:Wikipedia

ライナー マリア リルケの名言集

どんなに恐ろしい現実であっても、僕はその現実のためにどんな夢をも捨てて悔いないだろう

愛されることは、燃えつづけることでしかない。愛することは、暗い夜にともされたランプの美しい光だ。愛されることは消えることだが、愛することは永い持続だ。

おお なんと動物たちがはるかに誠実なことだろう

この仕事が終わったら死んでもいい

世間の恋人達を見るがいい。やっと告白が始まるときにはもう欺いている。

(詩集『わがための祝い』について)本来の意味における私の最初の本

子供は未来であり、回帰なのです。子供は胎であり、海なのです

あなたの孤独は広くなり、次第にあかるくなる住まいになって、他の人々のたてる騒音は、その住まいの遠くを通り過ぎることになるでしょう。

想像する最も深い体験は女性的である。というのは、それを受胎し、分娩する体験だからである

大切なことは生きていることであった。それがなによりも、大切なことであった。

私の運命は何一つ運命を持たないことです

愛は、どんな風にして君にきたか?それは照る日ように、花ふぶきのようにきたかそれとも一つの祈りのようにきたか?―――話したまえ。

成功というものは、風に吹かれる穂波のおうに、それに対して人が身をかがめ、その後に再び身を起こす、
そういう成功があるだけだ

(遺言によって墓碑銘に指定された詩)薔薇よ、おお純粋なる矛盾、それだけ多くのまぶたの下に、誰の眠りも宿さぬことの喜びよ

死とは、私達に背を向けた、私たちの光のささない生の側面である

名声に打ち克つことの出来る孤独者は滅多にいない彼はほっと安堵の顔をあげた途端に打ちのめされる。

人生の目的は敗北することです。より偉大なとに挑戦し続けることによって。

人間はどこからやってきて、ひとつの生活を見つけ出す出来合の生活だ。ただ人間はそのレディ・メードの服に手をとおせばよいのだ。しばらくすると、この世から去らねばならないし、否応なしに出て往かねばならない。

神という観客の前で、僕はもう演ずることをやめてしまった。

私たちは自分の存在を及ぶ限りの広さで受け取らなければなりません。すべてのこのとが前代未聞のことでさえも、その中にはあり得るのです

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム