西暦1800年代の偉人

【ジョルジュ・サンド】の名言集|名言まとめドットコム

あわれなフランス!でも、だからこそなおさらフランスを愛し、それに奉仕すべきなんだ。

我らが農民は涙を流して震え、それから歌いながら出発していった。年寄り、身体障害者、病人は残って家族や家畜の世話をし、畑を耕し種をまく。大地の人のメランコリックな美しさ。政治の嵐の真っただ中で、それは感動的で立派なものだ

我々のかわいそうな子どもたちは出発していく!彼らは行きたいのだ。そして彼らは正しい。彼らは軍事国家に対しておぞ気をふるっていた。全く違う職業につくことを夢見ていた。しかし、彼らの心は92年の人々の心と同じほどの値打ちがある。危険が近づけば近づくほど熱狂するのだ

コミューンは人間から足かせと偏見を取り除くためにやってきたと宣言し、制限なしの権力を行使し、その不謬性を疑うものは誰でも死刑で脅します。コミューンはジャコバン派の伝統を復興させると主張すると同時に社会の教皇となり専制をおこなうのです。それはいったいどんな共和国なのでしょう。そこには生命力も国民的なものも組織されたものも組織されうるものも何も私には見えません

幸福はぼんやりした夢ではない

人間の歌う声は、悪い獣や悪い人間をまごつかせて追い払うという効能がある

貧者が富者を嫉み、富者が貧者を怖れることは、永久に絶えないだろう。愛の福音というようなことは、それと無関係である。

自分が完全になるためには相互に相手を必要とする二つの存在で、その愛が素晴らしい合一を生み出すのね。

愛せよ。人生においてよいものはそれだけだ

経験と思考を正しく用いることにより、人間は自分自身から多くのものを引き出すことができる。決断と忍耐により、人間は自分の健康を取り戻すことすらできる

この聖なる祖国、そのあらゆる和音や不協和音が私の体内に響いているこの愛しい民族が滅びるなどということを私は信じたくありません

人生をあるがままに生きよう。そして、感謝を忘れないように

人々は共和政と反動の両方におびえていました。

動物に於いてはつかの間の合一でも、私たちの場合には永続性があるのは、そこに知性があって、心と感覚が1日でも枯れてしまわないように力を貸してくれるからよ。だから人間の愛は、もともと持続にあこがれを持つのね…

93年の理論を私たちは捨てなくてはなりません。それが私たちを破滅させたのです。恐怖政治と聖バルテルミーは同じ道なのです。

私を男と思いなさろうと女と思いなさろうとご随意に。私はどちらでもない。一個の存在です。一人の友達、兄弟であり姉妹であるとおぼしめせ。あなたへ男並みに尽くす点では兄弟、心の細やかさを読み取り理解する点では姉妹なのです

どんな種類の被創造物でも、雄と雌の間で、どちらかが他方により余計に恵まれているということはないのよ。

芸術家の日々、万歳!われらが信条は『自由なり!』

異端審問や聖バルテルミーの虐殺はこういう風にして始まったのだということを思い出さなくてはいけない。

人生は旅だ。もしそれが苦しいものなら、それを有益なものにしよう。偶然に出会う仲間が我々を取り巻いている。それがどんな人々であっても、割り勘でいっしょに旅をしよう

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム