西暦1800年代の偉人

【ジョルジュ・サンド】の名言集|名言まとめドットコム

恐怖政治に仕えること、ある者たちにとってそれはひとつの地位、困窮からの避難所であり、また別の者たちにとっては盗んだり殺したりするための手段でした。共和政にとっての大きな害悪はそのことであり、それが共和政の終わりの原因となったのです

彼らは祖国を2つの人種に分けてしまった。ひとつは戦士たちで、祖国を救ったあとそれを抑圧するだろう人々、もうひとつは政治家たちで、彼らは自分たちの目的をとげることができずにおそらく100年以上にわたって憎悪と復讐の念を抱き続けることだろう

なぜ今の夫と結婚したのか、ほかの人には説明できます。でも、自分自身には説明できません。

称賛と親密は赤の他人である

パリでデュデゥヴァン夫人は死にました。ジョルジュ・サンドは逞しい男子として通っています

人間は、自分で努力して得た結果の分だけ幸福になる。ただしそのためには、何が幸福な生活に必要であるか知ることだ。すなわち簡素な好み、ある程度の勇気、ある程度までの自己否定、仕事に対する愛情、そして何よりも、清らかな良心である

恋とは、われわれの魂の最も純粋な部分が未知のものに向かっていだく聖なる憧れである

主人と奴隷の間に、どのていどの感情の交流なりどのていどの知性の融合があるというのだ?

最も尊敬される人間は、最も学問のある人間では決してない。最も聡明で、最も誠実な人間なのだ

一つの偉大な愛が、一人で抱えるには重すぎるようなありとあらゆる不幸を軽くするのです

まとめ

今回は「ジョルジュ・サンド」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ジョルジュ・サンド」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム