西暦1800年代の偉人

【ジョルジュ・サンド】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「ジョルジュ・サンド」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジョルジュ・サンド」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジョルジュ・サンドとは

ジョルジュ・サンド(George Sand、1804年7月1日 – 1876年6月8日)は、フランスの作家であり、初期のフェミニストとしても知られる。本名をアマンディーヌ=オーロール=リュシール・デュパン(Amandine-Aurore-Lucile Dupin)、デュドヴァン男爵夫人(Baronne Dudevant)という。

1840年代には政治志向を強め、民主主義・社会主義の思想を懐いてアラゴ、カール・マルクス、ミハイル・バクーニンら政治思想家・活動家と交流した。1848年の2月革命に際しては政治活動に参加したが、その後ノアンに隠棲し執筆に専念した。

その後も女性権利拡張運動を主導するとともに文学作品を書き続け、ヴィクトル・ユーゴー、ギュスターヴ・フローベール、テオフィル・ゴーティエ、ゴンクール兄弟ら多くの文学者と友情を結んだ。

参考:Wikipedia

ジョルジュ・サンドの名言集

私にできるのは愛すること、そして理想を信じることだけです

89年の革命は次のように要約できるのよ。「国有財産を取得し、それを返却しないこと」。すべてが消滅、変形、あるいは再興するわ、王政も、聖職者階級も、投機も。唯一残ったもの、それは購入して手放さない畑だけよ

陽気でいることが肉体と精神の最上の健康法である

農民にとって仕事の中断は土地を見捨てること、家畜を死なせること、子どもに与えるパンがないことを意味するのです。

なるほど貴族たちは逃げてしまっていましたが、大勢の穏健派ブルジョワがいました。彼らはジャコバンたちにやりたいようにやらせていましたが、物事をしっかり記録しておいて、自分たちが力を取り戻したときに、首謀者を罰するために状況をよく見ておこうとするかのような目つきをしていました。

どうすんの、あなたがその気なら、私のハラは決まってるけど

小説という芸術的手段を使って、人々の心を揺り動かし、震わせ、感動を呼び起こそうと努めているのです

もしもわたしが美人だったら、 自分がこの人ならと思う男にだけ、美しくて、かわいらしくなりたいと思うわ。

(結婚制度によって)女性を男性の奴隷ないしは所有物にしたのは、むき出しの欲望ではないのか?  純粋な愛の本能とか聖なる貞節の概念のうちで、この致命的な打撃に抵抗できたものがあるだろうか?

恋というやつは待つことを知らないもので、これがいったん若い男女の血の中にはいったが最後、近くの者が許してくれるまで待つなんてことがあったら、それこそ奇蹟というものだ

幸福は、われわれがそれを所有していると意識することのうちに存する。しかも、その過程において未来は約束をけっして守ってくれない。

エミリアンと私はかつて『ロビンソン』を夢中で読んだものでした。私たちの生活はそれにどこか相通ずるところがありましたが、野蛮人たちはもっと近くにいたのでした!

真の愛とは、心と精神と肉体が互いに理解しあい、しっかりと抱き合うときのこと

パリからの使節団の手助けのために地元へ派遣されたコストジュー氏が大胆な愛国者たち、つまりこの町で最も気違いじみたことや最も悪辣なことさえやるつもりの愛国者たちを使節団に紹介せざるを得ない立場にいるということだけが私にはわかりました。

直ちに決心がつきました。自分のために生きてみたいのです

人生には、ただ一つの幸せしかない。愛し、愛されることだ。

私達は肉体だけの存在でも、精神だけの存在でもない。私達は肉体であると共に精神でもある。この生命力のどちらかが欠けても愛は存在しない

自身の体の良い部分を救うためには、悪いとされている部分を犠牲にしなければならないと民衆は説得されているんだ。

小説が人生に似ているというよりも、人生の方が小説に似ている

ちゃんとした人間にも裏庭の草花にも、この石切場の茨(いばら)にも当てはまることなんだけど、つまりね、見かけがきれいでもなく、よさそうでないものを、みんな馬鹿にし過ぎるってことなの。そのために、せっかく役に立つ、ためになるものがあるのに、それを見逃しちまうってことなの

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム