西暦1800年代の偉人

【フリードリヒ フォン シラ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Weblio 辞書

今回は有名な「フリードリヒ フォン シラ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「フリードリヒ フォン シラ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

フリードリヒ フォン シラとは

ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー(ドイツ語: Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 - 1805年5月9日)は、ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。ゲーテと並ぶドイツ古典主義(Weimarer Klassik)の代表者である(初期の劇作品群はシュトゥルム・ウント・ドラング期に分類される)。独自の哲学と美学に裏打ちされた理想主義、英雄主義、そして自由を求める不屈の精神が、彼の作品の根底に流れるテーマである。青年時代には肉体的自由を、晩年には精神的自由をテーマとした。彼の求めた「自由」はドイツ国民の精神生活に大きな影響を与えた。

劇作家として有名だが、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の原詞で最もよく知られるように、詩人としても有名である。シラーの書く詩は非常に精緻でありかつ優美であるといわれ、「ドイツ詩の手本」として今なおドイツの教育機関で教科書に掲載され、生徒らによって暗誦されている。

参考:Wikipedia

フリードリヒ フォン シラの名言集

多数とは何か?多数は阿呆のみ、真理は常に少数者にある。

夢見ることをやめてはいけない

長く続いた友情なのに、別れるときはあっという間だ

幸福には翼がある。つないでおくことは難しい。

人生は退屈すれば長く、充実すれば短い。

持てる者は失うことを知り、幸せは苦しみを知る。

期待なしに恋するものだけが恋の味を知る。

正義の尺度は声の多数ではない。

簡単なことを完璧にやる忍耐力の持ち主だけが、いつも困難なことを軽々とこなす熟練を身につける。

思案ばかりしている者は、成すことが少ない。

汝の運命は汝自身の胸中にある。

重荷をいただいた胸は打ち明ければ軽くなる

自分自身によかれと思う者は、好ましく心やさしい妻をめとるがいい。さもなければ、いっそめとらぬがいい。

汝が死ぬ前日に懺悔せよ

人はいつも、行動する時より口で言う時の方が大胆になる。

時の歩みには三通りある。未来はためらいながら近づき、現在は矢のように飛び去り、過去は永遠に静止している。

人は大きな目的を持ってこそ、おのずから大きくなれる。

未練がましいことをしているとは思わないで下さい。私は復讐がしたいのだ。

人は幸運の時に偉大に見えるかも知れない。しかし真に向上するのは不運の時である。

お前自身を知ろうとするならば、いかに他の人々が行動するかを観察せよ。お前が他の人々を理解しようとするならば、お前自身の心を見よ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム