西暦1800年代の偉人

【ジョン ドルトン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Weblio 辞書

今回は有名な「ジョン ドルトン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジョン ドルトン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジョン ドルトンとは

ジョン・ドルトン(John Dalton, 1766年9月6日 - 1844年7月27日)は、イギリスの化学者、物理学者ならびに気象学者。原子説を提唱したことで知られる。また、自分自身と親族の色覚を研究し、自らが先天色覚異常であることを発見したことによって、色覚異常を意味する「ドルトニズム (Daltonism)」の語源となった。

参考:Wikipedia

ジョン ドルトンの名言集

それは正しい考えだ。しかし、正しい時ではない。

酸素はある量の窒素またはその倍の量の窒素と化合するが、その中間の量の窒素とは化合しない。

天才などいない。もし世界にその価値を認められ、注目されるような業績を誰かが成し遂げたとするなら、それは純粋に実現可能な1つの目標に向かって根気強く努力し続けたからだ

(自らの色覚を題材にした論文の中で)他者が赤と呼ぶ色は私には単なる影のやや明るい部分にしか見えない。オレンジ色、黄色、緑は様々な明るさの黄色にしか見えない。

純粋な気体を冷却し高圧をかけることで影響を与えることを諦めるべきではない。

空気が温度に比例して膨張することから、定圧状態のあらゆる弾性流体は水銀柱のように加熱によって等しく膨張すると結論付けられない十分な理由はない。したがって、他の物質よりも弾性流体について絶対量と熱の性質から一般法則が導き出しやすいと思われる。

何故、水はあらゆる気体を同じ量だけ吸収しないのか? 私はこの疑問を当然考察し、自身で完全に納得したわけではないが、気体を構成する究極の粒子の数および質量に依存するのではないかとほぼ確信している。

元素がある特定の比率でのみ結合するとき、それに反する証拠がない限り最も小さい整数個の原子が化合すると推定すべきである。

まとめ

今回は「ジョン ドルトン」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ジョン ドルトン」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム