西暦1900年代の偉人

【アントン チェーホフ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:RUSSIA BEYOND

今回は有名な「アントン チェーホフ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アントン チェーホフ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アントン チェーホフとは

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ(ロシア語: Анто́н Па́влович Че́хов:アントーン・パーヴラヴィチ・チェーハフ/ラテン文字(英文表記)Anton Pavlovich Chekhov、1860年1月29日・タガンログ - 1904年7月15日・バーデンワイラー)は、ロシアを代表する劇作家であり、多くの優れた短編を遺した小説家。

アントン・チェーホフはロシア文学の中で、あるいは世界文学史でも有数の巧みな小説作家である。当時ロシアの文壇では長編こそが小説であるという風潮が強く、チェーホフのように第一線で短編小説を絶えず発表した書き手はいなかった。小説だけでなく、チェーホフは最晩年の作品である戯曲『かもめ』、『三人姉妹』、『ワーニャ伯父さん』、『桜の園』の作者として、伝統的な戯曲と対極を成す新たな領域を切り開いた劇作家でもある。

参考:Wikipedia

アントン チェーホフの名言集

人間に理性と創造力が与えられているのは、自分に与えられたものを増やすためである。

無関心とは、精神の麻痺であり、死の先取りである

やさしい言葉で相手を征服できないような人は、きつい言葉でも征服はできない。

愛に理由を求めようとすれば、自分の道理を失うだろう。

愛、友情、尊敬、どれをとっても、共通の憎しみほど人間を団結させるものはない。

僕は君、人生がわからない、それで恐れているのです。ひょっとすると、僕は理性を失った病人かも知れない。正常で健康な人は、見たり聞いたりする一切のことを理解しているつもりですが、僕はこの《つもり》というやつを見事なくしてしまったために、来る日も来る日も恐怖に中毒しているのです

平らな道でもつまずくことがある。人間の運命もそうしたものだ。神以外に誰も真実を知るものはないのだから

芸術家の役割とは問うことで、答えることではない。

孤独な生活をしている人たちは、心の中に何か鬱積したものがあって、機会があればそれを喜んで人に話したがるものである。

教養ある人間は、他の人格を尊重し、したがって、常に寛大で柔和で腰が低いものである。

他人が全く罪を犯さないとしたら、あなたは聖人と呼ばれることはない。

ひょっとしたらこの宇宙はなにかの怪物の歯の中にあるのかもしれない

孤独が怖ければ結婚するな。

千年後にも人間は「ああ、人生はなんというつまらないものだろう!」と嘆きつづけるにちがいない。そしてまた同時に、今とまったく同じように死を恐れ、死ぬことをいやがるにちがいない。

女が男の友達になる順序は決まっている。まず最初が親友、次が恋人、最後にやっとただの友だちになるということだ。

人間は好んで自分の病気を話題にする。彼の生活の中で一番面白くないことなのに。

称賛されているという錯覚は、数千の真実よりも愛しいものだ。

知識は実践するまで価値がない。

祝日を待つように、あなたの回復を待ち望んでくれる人がいるなら、病気になるのも悪くはないものだ。

善人は犬の前でも恥ずかしさを感じることがある。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム