西暦1900年代の偉人

【アンディ・ウォーホル】の名言集

引用元:5分でアンディ・ウォーホルが語れる5つのスキャンダル

今回は有名な「アンディ・ウォーホル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アンディ・ウォーホル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アンディ・ウォーホルとは

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol、1928年8月6日 - 1987年2月22日)はアメリカの画家・版画家・芸術家でポップアートの旗手。銀髪のカツラをトレードマークとし、ロックバンドのプロデュースや映画制作なども手掛けたマルチ・アーティスト。本名はアンドリュー・ウォーホラ(Andrew Warhola)。米ペンシルベニア州ピッツバーグで生まれる。

派手な色彩で同じ図版を大量に生産できるシルクスクリーンの技法を用い、スターのイメージや商品、ドル記号など、アメリカ社会に流布する軽薄なシンボルを作品化した。古典芸術やモダニズムなどとは異なり、その絵柄は豊かなアメリカ社会を体現する明快なポップアート、商業絵画としても人気を博した。

参考:Wikipedia

アンディ・ウォーホルの名言集

退屈なことが好きなんだ。

箱に入ったキャンディーを食べているとき、最後の一個を味わうのが待ち遠しくてしかたがない。そう、僕は未来のために生きているんだ。

考えは豊かに、見た目は貧しく。

アンディー・ウォーホルのすべてを知りたいのなら、僕の絵、僕の映画、僕自身の表面だけを見てくれればいい、僕はそこにいる。

裏側には何もないんだ。

僕は死を信じていない。それが起きたときに知る術はないからね。

誰もが15分間なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう。

「誰もが15分間なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう」僕は60年代にそう予言したけど、それはようやく現実になった。

僕はもう、この言葉には飽き飽きしているんだ。もう二度と言わない。

これからはこう言う。「誰もが15分以内に有名人になれる、そんな時代が来るだろう」。

自分について何か書かれていても、その内容は気にしちゃいけない。大事なのは、どのくらいのスペースが割かれているかだ。

なぜ人はアーティストが特別だと思うのか?単なる職業のひとつなんだけどね。

人が死ぬなんて考えられない。ただデパートに行くだけさ。

お金を稼ぐことはアートだ。働くことはアートだ。ビジネスで成功することは最高のアートだ。

誰もがみんなを好きになるべきだと思う。

なんでオリジナルじゃないといけないんだい?他の人と同じがなんでいけないんだ?

時が物事を変えるって人はいうけど、実際は自分で変えなくちゃいけないんだ。

僕がこのような方法で絵を描いているのは、僕が機械になりたいからである。

そして、僕がすること全て、機械のようにすること全てが、僕がしたいことなんだ。

美しいとは言えない人なんてこれまで誰も会ったことないよ。

上手いビジネスは、最も魅力的なアートである。

ひとりでいることに何の問題もないよ。僕にとっては最高のことさ。

アーティストがもう無理だと感じたら、すぐやめるべきだ。そして罪悪感を感じることなくスタイルを変えることができるはずさ。

人生は、繰り返し見る度に変化していく一連の映像のようなものだ。そうだろう?

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム