西暦1300年代の偉人

【ダンテ・アリギエーリ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「ダンテ・アリギエーリ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ダンテ・アリギエーリ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ダンテ・アリギエーリとは

ダンテ・アリギエーリ(イタリア語:Dante Alighieri、1265年 - 1321年9月14日)は、イタリア都市国家フィレンツェ出身の詩人、哲学者、政治家。

ダンテの代表作は古代ローマの詩人ウェルギリウスと共に地獄(Inferno)、煉獄(Purgatorio)、天国(Paradiso)を旅するテルツァ・リーマで構成される叙事詩『神曲(La Divina Commedia)』であり、他に詩文集『新生(La Vita Nuova)』がある。イタリア文学最大の詩人で、大きな影響を与えたとされるルネサンス文化の先駆者と位置付けられている。

参考:Wikipedia

ダンテ・アリギエーリの名言集

われはことばにて欺けるも、汝は貨幣にて欺けるなり、わがここにあるは、ひとつの罪のためなるも汝の罪は鬼より多し。

この山を登らんとする者、麓にては大いなる苦しみにあわん。されど登るにつれそは減ずべし。そのゆえに、辛苦も愉しみになりつるとき、登ることいとやさしくみえて、速き流れを小舟にて下るがごとし。

わたしは知ることはもちろん、疑うことも愛する。

わずかな火花から炎が上がることもある。

現代世界が方向を見失っているならば、その原因はあなたの中にある。あなたの中にこそ、その原因は求められるのだ。

悪魔は絵に描かれているほど黒くない。

万物は聖なる愛によって動かされる。

自然は神の芸術だ。

意志は意に反して消えることはない。

恐れることはない。宿命は取り上げられることはない。それは贈り物なのだ。

今日という日が、再び来ないことを思え。

熱さと火は切り離すことができない。美しさと神も。

わが血は嫉妬のために湧きたり。われもし、人の幸福をみたらんには、汝はわれの憎しみの色に覆わるるをみたりしなるべし。

小さなプロジェクトは、大規模なプロジェクトよりもさらに多くの助けが必要である。

マリア。唱名の聲高きを開きて。我を加へ給へり、汝等の昔の授洗所にて我は基督教徒となり、カッチアグイーダとなりたりき

わたしの針路は未知の海へ向けられている。

他人のパンのいかに苦いかを知るだろう

困っていると知りながら助けを求められるのを待っている人間は、助けを断るのと同じくらい冷酷である。

不幸な時に幸福だった日々を思い出すことほど悲しいものはない。

自分の星に従え!

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1300年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム