西暦1900年代の偉人

【植芝盛平】の名言集|名言まとめドットコム

(夜真っ暗な中で寝て居るときに)障子の何番目の所に虫が這って居るから取れ!

宇宙の心とは何か? これは上下四方、古往今来(こおうこんらい)、宇宙のすみずみにまで及ぶ偉大なる「愛」である。

あんた天竜さんじゃないですか、あんたもおそらく、このじじいが、こんなにうまく投げられるとは思わないだろう。しかし武道というものは、そんなものじゃない

絶対不敗これ即ち何人とも争わざること成り。

教えてしまうと、型にはまってしまいそれ以上伸びず、お前の為にならない

あんたは力も強いだろう。力も何も入れてないから何をしてもいい。やってご覧なさい

あなたはお客さん、前田さんは弟子だ。お客をほっといてなんで師匠が弟子を玄関に送らねばならんか

何ものかを敵とし、何ものかと争う心はすでに宇宙の心ではないのである。

その時以来、私は、この地球全体が我が家、日月星辰はことごとく我がものと感じるようになり、眼前の地位や、名誉や、財宝はもちろんのこと、強くなろうという執着も一切なくなった。

合氣とは、敵と闘い、敵を破る術ではない。世界を和合させ、人類を一家たらしめる道である。

まとめ

今回は「植芝盛平」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「植芝盛平」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム