西暦1900年代の偉人

【アンドレイ サハロフ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:gidgrowth

今回は有名な「アンドレイ サハロフ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アンドレイ サハロフ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アンドレイ サハロフとは

アンドレイ・ドミートリエヴィチ・サハロフ(露: Андре́й Дми́триевич Са́харов、1921年5月21日 - 1989年12月14日) は、ソビエト連邦の理論物理学者・政治家。物理学博士。

宇宙論や素粒子論において国際的な業績をあげた物理学者だが、ソ連において水素爆弾開発に携わり、「ソ連水爆の父」と呼ばれた一方で、後に自らの良心に基づいて反体制運動家、人権活動家として、人権、市民的自由、そしてソ連の改革を主張するなど、後半生は政治的な言動が常に注目され続けた。「ペレストロイカの父」とも呼ばれる。

参考:Wikipedia

アンドレイ サハロフの名言集

大量殺戮の開発で得た財産は血で汚れている

最も重要なのは、熱核戦争で文明と人類が破滅することである

心臓を締めつけられる思いだ。この悲劇を二度と繰り返してはならない

まとめ

今回は「アンドレイ サハロフ」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「アンドレイ サハロフ」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム