西暦1900年代の偉人

【チャールズ クーリー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Inspiring Alley

今回は有名な「チャールズ クーリー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「チャールズ クーリー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

チャールズ クーリーとは

チャールズ・ホートン・クーリー(Charles Horton Cooley、1864年8月17日 - 1929年5月7日)は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の社会学者。ミシガン大学で経済学と社会学を学んだあと、アメリカ社会学協会の創立メンバーの一人となる。鏡に映った自我の概念で知られる。自我は幼少時になく、他人と共存する社会の中ではぐくまれるとする。

クーリーによれば、「自我には3つの要素が必要となる。”他人に自分がどう写るのかという想像””他人に自分の行動がどう写るのかという想像””それに対する自分の矜持や屈辱感などの意識”である」という。

参考:Wikipedia

チャールズ クーリーの名言集

我々は自分の容姿や身ごなしや、目的や行為や性格や友達その他についての何らかの考えを、他人の心の中に想像し、その考えのいかんによって様々な影響を受ける

自我には3つの要素が必要となる。『他人に自分がどう写るのかという想像』『他人に自分の行動がどう写るのかという想像』『それに対する自分の矜持や屈辱感などの意識』である

「明日はなんとかする!」と思うのは馬鹿者だ。「今日なんとかする!」でも遅すぎる。賢者は昨日のうちに、済ませているものである。

たった5分!畜生!私は一生を通して5分遅れ通しだった

まとめ

今回は「チャールズ クーリー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「チャールズ クーリー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム