西暦1600年代の偉人

【ヨハネス ケプラー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Weblio辞書

今回は有名な「ヨハネス ケプラー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヨハネス ケプラー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヨハネス ケプラーとは

ヨハネス・ケプラー(Johannes Kepler、1571年12月27日 - 1630年11月15日)は、ドイツの天文学者。天体の運行法則に関する「ケプラーの法則」を唱えたことでよく知られている。理論的に天体の運動を解明したという点において、天体物理学者の先駆的存在だといえる。また数学者、自然哲学者、占星術師という顔ももつ。

ケプラーの自然哲学の中心は惑星論にある。ケプラーは「数が宇宙の秩序の中心である」とする点や天体音楽論を唱える点で自然哲学におけるピタゴラス的伝統の忠実な擁護者であった。現代の科学者にとってのケプラーの大きな功績は、数学的なモデルを提出するという方法の先駆者となったことである。

参考:Wikipedia

ヨハネス ケプラーの名言集

悦びは人生の要素であり、人生の欲求であり、人生の力であり、人生の価値である。

幾何学は世界の美しさの見本である。

自然は、できるだけ何も使わないようにする。

半径ベクトルは、同じ面積を同じ時間で描く。

周期の2乗は平均距離の3乗に比例する。

惑星は楕円を描く。太陽をひとつの焦点とする楕円を。

太陽と惑星の間に、磁力のような力が存在する

まとめ

今回は「ヨハネス ケプラー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ヨハネス ケプラー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1600年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム