西暦2000年代の偉人

【レイ ブラッドベリ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:レイ・ブラッドベリのドキュメンタリー映画が!?

今回は有名な「レイ ブラッドベリ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「レイ ブラッドベリ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

レイ ブラッドベリとは

レイ・ダグラス・ブラッドベリ(Ray Douglas Bradbury,1920年8月22日 - 2021年6月5日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人。

1938年から1942年まで新聞の販売をしており、その間にヘンリー・ハースとの共作の「振り子」が『スーパー・サイエンス・ストーリーズ」に掲載され、プロ作家になった。
1947年、処女短編集『黒いカーニバル』(Dark Carnival)をアーカム・ハウスから刊行した。続いてダブルディから刊行された『火星年代記』『刺青の男』で名声を得る。
1947年、1948年に、アメリカの年間短編傑作集(いわゆるO・ヘンリー賞)に2年連続で作品が収録された(1947年に「集会」が収録、1948年に「発電所」が第三席で入賞)。1954年、アメリカ芸術文学協会賞、カルフォニア・コモンウェルズ・クラブのゴールド・メダル賞を受賞した。
またハーマン・メルヴィル原作、ジョン・ヒューストン監督の映画『白鯨』の脚本を端とした。
晩年はロサンゼルスに在住し、著作活動を続けた。

参考:Wikipedia

レイ ブラッドベリの名言集

私は未来を描こうとしているわけではありません。私は未来を防ごうとしているのです。

生涯を振り返ってみれば、あらゆるものへの答えが愛であったことがわかるはずだ。

思ってはいけません。思うことは創造の邪魔です。それは自分を意識しすぎで、意識しすぎはなんであれお粗末です。あなたはやろうとすることはできません。ただやる必要があるのです。

自分を幸せにも不幸にもすることができる。それは、同じだけの量の努力だ。

ねぇビル(ゲイツ)、私はWindowsはやらないよ。

注意深く計画されたものはどれも、創造性を破壊する。

あなたのヒーローやヒロインが望むものを見つけ、彼らが目覚めた時は彼らに一日従いましょう。

方法だけを学べば、自分の方法に縛られるだろう。しかし原則を学べば、自分自身の方法を考え出すことができるのである。

あなたは、拒絶されることを受け入れ、受け入れられることを拒絶する方法を知らなければなりません。

直感は書くべきことを知っているのだから、好きなようにさせ給え。

私たちはありえない宇宙に生まれたありえない存在です。

狂気は相対的である。それは、誰が誰をどの監獄に閉じ込めたかによる。

愛はすべてに対する答えであり、何かをする上で唯一の理由である。自らが誰かを愛する物語を思い描かないのならば、そしてまた他者が誰かを愛する物語を思い描かないのならば、あなたがそれを成し遂げることは決してないであろう。

あなたが夢見るものは全てフィクションであり、達成するものはすべてサイエンスであり、人類の全歴史はサイエンス・フィクションにほかならない。

一生の仕事というのは、愛に基づいているべきものだ。

崖から飛び降りなくてはなりません。そして落ちていく間に翼を作るのです。

物事について考えを巡らすのではなく、ただそれを行え。予測するのではなく、ただ作り出すのだ。

最高の科学者は経験に対してオープンで、空想(なんでも可能な発想)から始めます。

宗教を得た瞬間、考えることが止まってしまう。一つのことを信じすぎるのは、新たなアイデアの余地をなくすことだ。

科学者になるということは子どもになるということです。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム