西暦1900年代の偉人

【ポール ヴァレリー】の名言集|名言まとめドットコム

文学は、興味と、教訓と、説教または喧伝と、自己のための習練と、他人への刺激との間を往来する。

狼は草に依存する子羊に依存している。草は狼によって守られている。肉食動物は草木を保護するが、草木は間接的に肉食動物を養っている

技術が原始的だった時代に純粋な金属がなかったと同じく、文学の初期にあっても、純粋な詩人は存在しない。

新しいものの中で最も善きところは、人間の最も古い要請に応える点だ

香水をつけない女に未来はない

自己を知るは自分を改善することではない。自己を知るというは、自ら許すための迂回だ。

個人の価値はその人の手本の価値に比例する

世界でいちばんむずかしいこと。自分の知能の総和を、発見の総和を、役立たせること。

 

偉人とは小人を十倍したものではない

日が僕の思念を明るくする。僕の思念が僕の夜を明るくする。

まとめ

今回は「ポール ヴァレリー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ポール ヴァレリー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム