西暦1900年代の偉人

【アイザック・アシモフ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:TechCrunch Japan

今回は有名な「アイザック・アシモフ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アイザック・アシモフ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アイザック・アシモフとは

アイザック・アシモフ(Isaac Asimov、1920年1月2日 – 1992年4月6日)は、アメリカ合衆国の作家・生化学者(ボストン大学教授)である。

当時のロシア・ソビエト連邦社会主義共和国のペトロヴィッチにおいて、ユダヤ系ロシア人イサアーク・ユードヴィチ・オジモフとして生まれた。10歳のころ、SF雑誌『アメージング・ストーリーズ』によりSFファンとなり、公立校や高校を飛び級で卒業して1935年に15歳でコロンビア大学へ入学。1938年に初めての作品をSF雑誌『アスタウンディング』に持ち込み、採用はされなかったが編集者ジョン・W・キャンベルの指導を受けるようになり、1939年には『アメージング』誌に「真空漂流」が掲載され作家としてデビューした。

その著作は500冊以上を数える。彼が扱うテーマは科学・言語・歴史・聖書など多岐にわたり、デューイ十進分類法の10ある主要カテゴリのうち9つに渡るが、特にSF、一般向け科学解説書、推理小説によってよく知られている。

参考:Wikipedia

アイザック・アシモフの名言集

ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない

モラルに正しい行いの邪魔をさせるな

ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない

諸君は「選択」を迫られているのだ。科学技術による「勝利の可能性」か、それを放棄することによる「確実な敗北」かを

チェスとは違い、人生ではチェックメイトの後もゲームが続いていく

ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

今現在で、最も悲しい人生の側面は、社会が知恵を集める以上の速さで科学が知識を集めていることである

問題を解決する最も簡単な方法は、その存在を否定することである

私はコンピューターを恐れない。私はその欠如を恐れる。

どんな教育も突き詰めていけば、独学につながる その意味で独学が唯一の教育であると、私は確信している

もし医者から「あと6分しか生きられない」と告げられても、私はくよくよ悩んだりしない。タイピングの速度を少し上げるだろう

知識階級の方々によって"常識"は日頃よりひどく冷遇を受けている

科学の光は、どこを照らそうと、すべてを照らす

生は愉快、死は平穏。煩わしいのはその変わり目である

分かりやすくやれば、それなりの利益がある。特に、きみがややこしい人間だという定評がある場合には。

幸運は、望むものにしか訪れない

科学の世界で最も興奮するフレーズ、新発見を最も予感させるフレーズは、「エウレカ!(見つけた!)」ではなく、「これは不思議だ…」である

きちんと読めば、聖書は無神論にとって想像できる限りで最も説得力の強いものである

人間は、無用な知識を喜ぶ唯一の動物である

暴力とは、無能者にとっての最後の拠り所である

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム