西暦1900年代の偉人

【バートランド ラッセル】の名言集|名言まとめドットコム

私は社会主義の精神が好きではない。というのも、自由が全ての基盤であると思うからだ。

幸福な生活とは、その大部分が静かな生活であることにかかっている。なぜならその静かな雰囲気のなかでだけ真の喜びは生き続けられるのだから。

科学は既に知っていること。哲学は未知のこと。

行いの悪い者に腹を立てるのは時間の無駄である。動かない車に怒るのと同じようなものだから

私たちが愛する人々の幸福を願うのは当然である。だが、自分たちの幸福を棄ててまで、これを願うべきではない

あきらめには、二つの種類がある。一つは絶望に根ざし、もう一つは不屈の希望に根ざすものである

人類を絶滅させることができたなら、どれほどの効があるだろうか。

人は生まれたとき無知であって、ばかではない。教育によってばかになるのだ。

自分の意見と違う意見に腹を立てず、そういう意見が出た理由を理解しようとする術を学ぶことが大事である

役に立たない知識から得る喜びは大きい。

まとめ

今回は「バートランド ラッセル」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「バートランド ラッセル」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム