西暦1900年代の偉人

【バートランド ラッセル】の名言集|名言まとめドットコム

最も強い希望は、絶望から生まれる。

戦争は誰が正しいかを決めるのではない。誰が生き残るかを決めるのだ。

道徳を云々するものにとっては、退屈こそひとつの重要な問題である。というのは、人類の罪悪の少なくとも半分は、退屈を恐れるあまりおかされるものであるから。

私は、どんなに前途が多難であろうとも人類史のもっともよき部分が未来にあって、過去にないことを確信している。

素晴らしい人生とは、愛に鼓舞され、知識に導かれた人生だ

愚者の楽園に暮らす人々の幸福を羨ましがってはいけない。それを幸せだと考えるのは愚か者だけだからである。

賢人は、妨げうる不幸を座視することはしない一方、避けられない不幸に時間と感情を浪費することもしないだろう。

実際、人類の大半が愚かであるということを考えれば、広く受け入れられている意見は、馬鹿げている可能性のほうが高い

何事も絶対確実だと思い込んではいけない。

現実の人生というのは、大抵の人にとっては、じつに長い次善の人生である。つまり、理想と可能性との永遠の妥協である

過度にならない程度に自己の能力を高く評価することが幸福の一つの源である。

因襲にぜんぜん屈服しない男女から成り立つ社会のほうが、みんなが画一的になるような社会よりも面白い社会であろう。

突飛な意見を持つことを恐れるな。今日認められている意見は皆、かつては突飛だったのだ。

あなたの得意なことは、それが何であれ幸せに寄与する。

自分で自分の価値を過大評価しないように。

独善が死ぬまで、善が生まれることはない。

よい生活は、恐怖や束縛やお互いの自由に対する干渉の上に築くことはできない

愛国者は常に祖国のために死ぬことを口にするが、祖国のために殺すことについては決して語らない。

諸君が自分自身に対して関心を持つのと同じように、他人が自分に関心を持っているとは期待するな。

何事も絶対確実だと思い込んではいけない

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム