西暦1900年代の偉人

【クロード モネ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:偉人『クロード・モネ』

今回は有名な「クロード モネ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「クロード モネ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

クロード モネとは

クロード・モネ(Claude Monet, 1840年11月14日 - 1926年12月5日)は、印象派を代表するフランスの画家。代表作『印象・日の出』(1872年)は印象派の名前の由来になった。

1874年、仲間たちと、サロンとは独立した展覧会を開催して『印象・日の出』などを出展し、これはのちに第1回印象派展と呼ばれる歴史的な出来事となった。しかし、当時の社会からの評価は惨憺たるものであった。最晩年は、視力低下や家族・友人の死去といった危機に直面したが、友人クレマンソーの励ましを受けながら、白内障の手術を乗り越えて、オランジュリー美術館に収められる『睡蓮』大装飾画の制作に没頭し、86歳で最期を迎えた(→「睡蓮」の部屋(最晩年))。

参考:Wikipedia

クロード モネの名言集

ほんとうに海を描くには、その場所の生活を熟知するため、同じ所で、毎日、毎時間、眺めつづけなければならない。だから、僕は同じモチーフを4回も6回も繰り返し描き続けている

盲目で生まれたかった。そしてある日突然目が見えるようになりたかった。

人は私の作品について議論し、まるで理解する必要があるかのように理解したふりをする。私の作品はただ愛するだけでよいのに。

すべては千変万化する。石でさえも。

私は鳥が歌うように、絵を描きたい。

色は私に一日中とりついて離れないものだ。

私は自然を追い求めているが、その本質は未だに把握できていない。こうして画家になれたのも、草花たちのおかげなのかも知れないな。

私は一人で,自分自身の印象から,より良い仕事をいつもしてきた

私は妖精が創ったかのような所にすっかり落ち着いている

私は自分の頭をどこに突っ込んでいいのやらわからない 全てが最高だ,そしてどんなことでもやりたい だから私はたくさんの色を使い果たし無駄にする というのも,試されるべきことがいろいろあるからだ

海を見ることは普通じゃない体験だ なんという光景! 海はあまりにもしがらみがないので,もう一度なぎになることができるのかどうかと思ってしまう

私の人生はずっと失敗だった

本当に激しい天候か,船が魚釣りに出かけたときに,私はビーチで広い空の下,過ごす

私の願いはいつもこのように自然の片隅で静かに暮らすことだ

私はまさしく水を撒く 美しく,青い水を

絵を描く前に自分の頭の中にそれがなく,自分の手法と構図に確信がないなら,誰も芸術家ではない

セーヌ。私は生涯この川を描き続けた。あらゆる時刻に、あらゆる季節に、パリから海辺まで、アルジャントゥイユ、ポワシー、ヴェトゥイユ、ジヴェルニー、ルーアン、ル・アーヴル……

私は生まれた時からきかん坊であった。誰も、私をどのような規律にも従わせることはできなかった。私が学んだわずかなことは、みな独りで学んだのだ。

……外には親しげに太陽が輝き、美しい海が広がっていて、澄んだ空気の中で海辺を走り回ったり、水の中に飛び込んだりできるというのに、4時間もじっと座っていることなど、とても私にはできなかった。

(アルジェリアでの兵役の体験について)あの地で受けた光と色彩の印象。それはずっと後になるまで明確な形を取らなかったが、私の来るべき探求の萌芽は、すでにあそこにあったのだ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム