西暦1900年代の偉人

【ジョージ・バーナード・ショー】の名言集|名言まとめドットコム

人生には二つの悲劇がある。一つは願いが達せられないこと。もう一つはそれが達せられること。

希望を抱かぬ者は、失望することもない。

結婚するやつは馬鹿だ。しないやつはもっと馬鹿だ。

人生における真の喜びは、偉大だと思える目的のために生きることである。

黄金律はないということが黄金律である。

肩書きは、中才を際立たせ、大才の邪魔をし、小才によって汚される。

若いうちはすべてが許され、何も許そうとしない。歳を経るとすべてを許すようになり、何も許されなくなる。

愚か者でないならば、誠実であることは危険である。

初恋とは少しばかりの愚かさと、あり余る好奇心のことだ。

食べ物に対する愛より誠実な愛はない。

恋のことなら、どんなにロマンチックでもいいんです。

人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。

神に祈る人間などほとんどいない。ただ物乞いをしているだけだ。

人類から愛国心を叩き出さないかぎり、決して平穏な世界に住むことはできないだろう。

誰かに助言するのは、キスするのと似ている。お金がかからないし、するのが楽しい。

成功の秘訣は、多数に逆らうこと。

いつも自分をきれいに明るく磨いておくように。あなたは自分という窓を通して世界を見るのだから。

一年に2、3回以上ものを考える人はほとんどいない。私が世界的な名声を確立したのは、一週間に1、2回ものを考えたからだ。

情熱なき人は善人にも悪人にもなれず。

貧乏に対する恐怖に人生を支配させてしまえば、その報酬として食べていくことができるだろう。しかし生きることはできなくなる。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム