カテゴリー別で記事を検索

【ピーター・ファーディナンド・ドラッカー】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーとは

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 – 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。
2005年にクレアモントの自宅にて老衰のため死去。95歳没。

欧米だけでなく、日本の企業人や経営学者らに多大な影響を与え、ドラッカー学会が2005年に設立されている。ドラッカーは著書『マネジメント』で、従来の全体主義的な組織の手法を改め、自律した組織を論じ、前書きにおいて「成果をあげる責任あるマネジメントこそ全体主義に代わるものであり、われわれを全体主義から守る唯一の手立てである」と述べている。

参考:Wikipedia

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーの名言集

未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである。

変化はコントロールできない。できることは、その先頭にたつことだけである。

意思決定における第一の原則は、意見の対立を見ないときには決定を行わないことである。

企業は何よりも「アイデア」であり、アイデアを生むことができるのは個々の人間だけである。

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。

真のマーケティングは、顧客から出発する。すなわち人間、現実、欲求、価値から出発する

自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。

明日のエグゼクティブが学ぶべき3つの重要な事柄は、1.自分で自分の面倒がみられること、2.下(部下)のマネジメントではなくて、上(上司)のマネジメントをすること、3.そして、経営の基本を広く着実に身につけることである。

昨日を捨てよ

経営者と知識労働者にとっての唯一のツールは情報である。

最も重要なことから始めよ

21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

企業経営のエッセンスは、何かに「卓越」することと、「決断」することである

現実が主人である。カリスマの公約、プログラム、思想に対し現実のほうが膝を屈することはない。

企業の目的と使命を定義するとき、出発点は一つしかない。顧客である。

革新とは、単なる方法ではなくて、新しい世界観を意味する。

仕事を生産的なものにするには、成果すなわち仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。技能、情報、知識は道具にすぎない。

経営者が第一になすべき、また絶えず行うべき職責は、現存の資源を用いて最高の成果をあげることである

表の風に吹かれろ!

問題の分析によって解決案が一つしか見つからなければ、その解決案は、先入観に理屈をつけたにすぎないものと疑うべきである。