西暦1900年代の偉人

【ピーター・ファーディナンド・ドラッカー】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーとは

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。
2005年にクレアモントの自宅にて老衰のため死去。95歳没。

欧米だけでなく、日本の企業人や経営学者らに多大な影響を与え、ドラッカー学会が2005年に設立されている。ドラッカーは著書『マネジメント』で、従来の全体主義的な組織の手法を改め、自律した組織を論じ、前書きにおいて「成果をあげる責任あるマネジメントこそ全体主義に代わるものであり、われわれを全体主義から守る唯一の手立てである」と述べている。

参考:Wikipedia

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーの名言集

未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである。

多くの人が、話上手だから人との関係は得意だと思っている。対人関係のポイントが聞く力にあることを知らない。

自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。

昨日を捨てよ

最も重要なことから始めよ

生産性の本質を測る真の基準は量ではなくて、質である。

有能さは修得できる。

人こそが最大の資源である。

マネジメントとは権力ではない、人を活かす責任である。

部下の弱みを見るものは、マネージャー失格である。

まとめ

今回は「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5