西暦1900年代の偉人

【アンドレ モーロワ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:e恋愛名言集

今回は有名な「アンドレ モーロワ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アンドレ モーロワ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アンドレ モーロワとは

アンドレ・モーロワ(André Maurois, 1885年7月26日 ノルマンディー地方エルブーフ Elbeuf - 1967年10月9日 ヌイイ=シュル=セーヌ)はフランスの小説家、伝記作者、評論家。本名はエミール・サロモン・ヴィレルム・エルゾグ(Émile Salomon Wilhelm Herzog)で、ユダヤ系フランス人である。

小説では『気候 Climats』『血筋のめぐり Le cercle de famille』などが知られるが、小説的伝記と呼ばれる作品『シェリィ伝 Ariel,ou la vie de Shelley』『ディズレーリ伝 La vie de Disraëli』をはじめとして、バイロン、トゥルゲーネフ、ヴォルテールなどの評伝が広く愛読された。

参考:Wikipedia

アンドレ モーロワの名言集

意志も、人間が行動する瞬間からしか、なすすべを知らない。それは航行の場合でよく分かる通りである。動かないでいる船は操縦できない。一つの動きによって操縦可能な力が生じて、初めて舵もきくようになる

統率者の命令は明確で正確でなければならない。命令はすべて誤解されやすく曖昧な命令は理解されない。

真に結ばれた夫婦にとっては、若さの喪失ももはや不幸ではない。ともに年老いることの楽しさが年老いることの辛さを忘れさせてくれる。

結婚に成功する最も肝要な条件は、婚約時代に永遠のつながりを結びたいという意思が真剣であることだ。

全ての偉大な恋愛のうちには母性愛がある。真の女らしい女たちが男の力を愛するのは、男の弱さを知っているからである。

恋愛の誕生はあらゆる誕生と同じく「自然」の作品である。愛の技術が介入するのはその後のことである。

家庭は集団的エゴイズムである。単に愛情のみならず、防衛であり、外部に対する同盟であるようなエゴイズムに堕落する

最も深い革命は精神的なものである。精神的革命は人間を変革しこんどはその人間が世界を変革する。

人生にとって健康は目的ではない。病気はわれわれの欲望に我々の不安にはっきりした限界をもうけるのだから。

学者とは、その観察と経験から、現象相互の一定の関係について、いろいろな仮定を引き出す人のことである

人生は短い。たとえ、それを長いと思って過ごしている人たちにとっても

洒落っ気があるだけでは十分ではない。持ちすぎないようにするのが肝心だ

仕事は退屈と悪事と貧乏とを遠ざける。

幸福な結婚とは、婚約してから死ぬまで全く退屈しない長い会話のようなものである。

もっとも驚くべき記憶力は恋する女の記憶力である。

人は家族がいなければ、世界で一人寒さに震える

家庭とは人がありのままの自分を示すことができる場所である。

初恋は、男の一生を左右する。

一つのまなざし、一度の握手、いくぶん脈のありそうな返事などによってたちまち元気付くのが恋をしている男女なのだ。

女は自分の色恋沙汰が世間の口に上らないことを望む。しかし自分が愛されているということをみんなに知られたいと望む。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム