西暦1900年代の偉人

【ピーター・ファーディナンド・ドラッカー】の名言集|名言まとめドットコム

マネジメントとは権力ではない、人を活かす責任である。

部下の弱みを見るものは、マネージャー失格である。

自分に少ししか求めなければ成長しない。多くを求めるならば、何も達成しないものと同じ努力で巨人に成長する。

問題の解決によって得られるものは、通常の状態に戻すことだけである。

せいぜい、成果を上げる能力に対する妨げを取り除くだけである。成果そのものは、機会の開拓によってのみ得ることができる。

成果をあげることは一つの習慣である。実践的な能力の積み重ねである。

実践的な能力は、習得することができる。それは単純である。あきれるほどに単純である。

何かをすることに決めたら、何を期待するかを書き留める。9か月後、1年後に結果と照合する。私自身これを50年間続けている。

そのたびに驚かされる。誰もが驚かされる。こうして自らの強みが明らかになる。

自らについて知りうることのうち、この強みこそ最も重要である。

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。自らの強みに集中すべきである。

無能を並みの水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。 

仕事を生産的なものにするには、成果すなわち仕事のアウトプットを中心に考えなければならない。

技能や知識などインプットからスタートしてはならない。技能・情報・知識は道具にすぎない。

貢献に焦点をあわせることによって、自らの専門分野だけでなく、組織全体の成果に注意を向けるようになる。

成果が存在する唯一の場所である外の世界に注意を向けるようになる。

仕事上の個性は、仕事につくはるか前に形成されている。仕事のやりかたは強みは弱みと同じように与件である。

まとめ

今回は「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ピーター・ファーディナンド・ドラッカー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム