西暦1900年代の偉人

【ピーター・ファーディナンド・ドラッカー】の名言集|名言まとめドットコム

「正しい結果を与えてくれる最も簡単な分析は何か。最も簡単な道具は何か」を問わなければならない。

アインシュタインは、黒板よりも複雑なものは、何も使わなかった。

卓越した者の強みや能力が他の者にとっての脅威となり、

その仕事ぶりが他の者にとっての問題や不安や障害となることほど、組織にとって深刻な問題はない。

知識労働者がすべて同質のものだなどと考えたら、大間違いである。

生産性の本質を測る真の基準は量ではなくて、質である。

最初はダメでも何度でもやり直せという態度は誤りである。

問題解決を図るよりも、新しい機会に着目して創造せよ。

企業の精神は、どのような人たちを高い地位につけるかによって決まる。

会議を成果あるものにするには、会議の冒頭に、会議の目的と果たすべき貢献を明らかにしなければならない。

そして会議をその目的に沿って進めなければならない。

特定の目的のある会議を、だれもが勝手に素晴らしいアイデアを言い合う自由討議の場としてはならない。

有能さは修得できる。

忙しい人達が、やめても問題ないことをいかに多くしているかは驚くほどである。

なすべきことは、自分自身、自らの組織、他の組織に何ら貢献しない仕事に対しては、ノーと言うことである。

マネジメントとは人のことである。

強みは当然とできるもので気づかない。

組織の目的は、人の強みを爆発させ、弱みを無くすこと。

他社との比較で自社の強みを見つけ出す。

人が成果を上げるのは強みによってのみである。

成功するためには一点の強みに集中して卓越する必要がある。

凡人が非凡な働きをできる組織が目指すべき組織である。

人こそが最大の資源である。

メンバーが相互に人間として尊敬される組織風土を築く。

部分を合わせたものよりも、全体の総和で大きな成果を生む

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム