西暦1800年代の偉人

【アルトゥル・ショーペンハウアー】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「アルトゥル・ショーペンハウアー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アルトゥル・ショーペンハウアー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アルトゥル・ショーペンハウアーとは

アルトゥール・ショーペンハウアー(独: Arthur Schopenhauer,1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツの哲学者。
1788年、富裕な商人であった父ハインリヒと、名門トロジーネル家の出身であった母ヨハンナ・ショーペンハウアーの長男としてダンツィヒに生まれる。
1860年(72歳)9月9日肺炎にかかり、9月18日遺言執行人ヴィルヘルム・グヴィナーと最後の会見をすると9月21日金曜の朝に死去。

主著は『意志と表象としての世界』
カント直系を自任しながら、世界を表象とみなして、その根底にはたらく〈盲目的な生存意志〉を説いた。当時支配的だったヘーゲル哲学に圧倒されてなかなか世間に受け入れられなかったが、彼の思想は後世の哲学者や文学者、とりわけニーチェ、ワーグナー、トーマス=マンらに大きな影響をあたえている。

参考:Wikipedia

アルトゥル・ショーペンハウアーの名言集

普通の人々は時間をつぶすことに心を用い、才能ある人間は時を利用することに心を用いる

すべての人間は、他人の中に鏡を持っている

強い人間は自分の運命を嘆かない

人間は孤独であるかぎり、彼自身であり得る

他人の欠点や愚行を自分から探すような人は、間違いなく不幸になる

悲しみのほぼすべては他人との関係から生まれる

笑うことが多い人は幸福であり、泣く事が多い人は不幸になる

才人は、誰も射ることのできない的を射る。天才は、誰にも見えない的を射る

運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する

あきらめを十分に用意しておくことも、人生の旅には必要なんだよ。

まとめ

今回は「アルトゥル・ショーペンハウアー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「アルトゥル・ショーペンハウアー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5