西暦1800年代の偉人

~アルトゥル・ショーペンハウア~の名言集|名言まとめドットコム

男同士は本来、互いに無関心なものだが、女は生まれつき敵同士である

我々は、他の人たちと同じようになろうとして、自分自身の4分の3を喪失してしまう

悲しみのほぼすべては他人との関係から生まれる

結婚とは、男の権利を半分にして、義務を二倍にすることである

笑うことが多い人は幸福であり、泣く事が多い人は不幸になる

人生の情景は、粗いモザイク画に似ている。この絵を美しく見るためには、それから遠く離れている必要がある。

間近にいては、それは何の印象も与えない

才人は、誰も射ることのできない的を射る。天才は、誰にも見えない的を射る

人は、その生涯の最初の四十年間において本文を著述し、続く三十年間において、これに対する注釈を加えていく

運命がカードを混ぜ、われわれが勝負する

軽信というものは、善良に生まれついた人に具わる特徴である

なんであれ、人は忘れることができる。ただ自分自身、己自身の存在を忘れることはできない。

実務的な生にとって、天才は、劇場での遠眼鏡よろしく、必要なものである。

富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが乾いてくる。

音楽とは、世界がその歌詞であるような旋律である。

われわれのすべての災禍は、我々がひとりきりではいられないことに由来する

あきらめを十分に用意しておくことも、人生の旅には必要なんだよ。

私達は、他人と同じようになろうとして、自分の4分の3を失ってしまう。

孤独を愛さない人間は、自由を愛さない人間になってしまう。なぜなら、孤独でいるときにのみ、人間は自由になれるのだから。

書物から読み取った他人の思想は、他人の食べ残し、他人の脱ぎ捨てた古着にすぎない。

誰もが自分の視野の限界を、世界の限界だと思い込んでいる。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム